電気自動車は自動車業界にパワーシフトをもたらすか?

一部の自動車メーカーの経営陣と経済により、西側世界の自動車産業が深刻な圧力にさらされたため、自動車産業に大きな不均衡が生じました。 同じ時期に、東洋の世界では人件費が世界の他の地域よりもはるかに安いため、より多くの自動車を製造し始めました。 彼らがより安い労働力を持っている理由は、彼らが利用できる膨大な労働力によるものです.

同時に、東側諸国は、西側諸国から優秀な自動車技術者をヘッドハンティングすることで、品質問題に取り組みました。 これにより、西側と東側の間で大規模な頭脳の波が発生しました。 この頭脳のシフトにより、東部のメーカーに高品質の車が大幅に増加しました。

東側諸国は、世界的に有名な自動車メーカーのいくつかと合併さえしました。 これらの世界的に有名なメーカーの中には、東部に独自の工場を開設することを決定したものもあります。 この東の波は津波のように押し寄せ、止めることはできず、東と西の競争が激化しました。

自動車製造の分野では、膨大な労働力を持つ東洋が西洋を圧倒するだろうと予測されています。 これらの労働力と、西側からヘッドハンティングされた高度に熟練した自動車エンジニアとの組み合わせにより、彼らは無視できない力となっています。

この全体的なパラダイム シフトにより、東と日本が結合し、日本はすでに自動車業界で評価されている力となります。 ウォーレン・バフェット氏が中国で電気自動車産業に取り組むことを計画している「BYD」という名前の大企業の株式を購入したことから、新しい電気自動車も東から出てくるという予測があります。ビルド・ユア・ドリーム」。

自動車業界のすべての主要企業は電気自動車の開発に忙しく、南アフリカにも電気自動車を開発している会社があります。 電気自動車はすぐに従来の自動車に取って代わるため、これは自動車業界で独自のパワーシフトを引き起こすでしょう。 予測は、これがほとんどの人が認識しているよりもはるかに早く起こるというものです. 私たちはそれについて懐疑的ではなく、将来起こるかもしれないこれらすべてのパワーシフトを楽しみにして、それがより大きな利益のために良いものになることを願っています.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *