車のメンテナンス – 本当に燃費に役立つのか?

ガソリン価格の上昇が続く中、自動車業界は車のメンテナンスのメリットを大々的に売り込んでいます。 多くの修理店では、カスタムの「燃料節約」サービスさえ提供しています。 車のメンテナンスは大事ですが、本当にガソリン代を節約できるのでしょうか? これに答える前に、一歩下がって、今日の自動車の自動車整備を見てみましょう。

最初に質問する必要があるのは、「維持されている」と見なされるには、(メーカーによると) 私の車に何が必要かということです。 今日の車には、ディストリビューター キャップ、ローター、ポイント、およびその他のさまざまな点火コンポーネントがないため、メンテナンスは必要ありません。 現在、多くの車両には、100,000 マイルのプラチナ スパーク プラグやライフタイム フューエル フィルターなどの拡張サービス パーツが付属しています。 オイル交換間隔が 5,000 マイル以上に延長されました。 3,000 マイルのオイル交換は古い歴史です。 クーラントのフラッシュとトランスミッションサービスは、たとえあったとしても 100,000 マイルまで必要ありません。 それでも、上記のサービスをすべて実行したとしても、燃費は向上しますか? おそらくそうではありません。 あなたの車が失火していない限り(つまり、すべてのシリンダーで動いていない場合)、燃費はおそらく問題ありません.

では、最近のモデルの車両の平均的なドライバーにとって、車のメンテナンスのどの部分が燃費に悪影響を及ぼすのでしょうか? タイヤの空気圧、エアフィルター、余分なカーボンの 3 つです。

タイヤ空気圧: タイヤ空気圧の設定は無料で、燃費を最大限に維持するための最良のメンテナンス サービスです。 それはとても簡単です。

エアフィルター: エアフィルターは実際にかなりの量の運転後に詰まり、空気の流れを制限する可能性があり、燃料が効率的に燃焼できなくなります. これはまた、過剰な炭素の蓄積を引き起こす可能性があり、ガロンあたりの走行距離を減らす可能性があります. 良いニュース: エア フィルターは安価 (15 ドルから 30 ドル) で、取り付けも簡単で、通常は 30,000 マイルごとに交換するだけで済みます。

過剰な炭素: 燃費を向上させる「できる」自動車整備サービスがもう 1 つあります。 燃料系洗浄サービスといいます。 一部の修理センターでは、燃料噴射器の自動メンテナンス、または燃料噴射サービスと呼んでいます。 簡単に言えば、さまざまなオリフィスから化学物質が燃料システムに追加され、バルブ、ピストン、インテークマニホールドの余分な炭素堆積物が一掃されます。 この自然に形成される炭素 (過剰) は、燃費には良くありません。 余分な炭素はガソリンを吸収しますが、それはそうでなければあなたの車に動力を供給するために使用されます. ただし、このサービスを実行するために 150 ドル以上を費やす前に、重要な考慮事項が 1 つあります。このサービスは、それを必要とする車両に対してのみ機能します。 言い換えれば、はい、機能しますが、あなたの車には余分な炭素が蓄積されていない可能性があります. あなたはきれいな服を洗いませんよね?

100 ドルから 300 ドルの「燃料節約」サービスを見ると、エア フィルター、タイヤ空気圧チェック、燃料システム クリーニング サービスが含まれている可能性があります。 あなたの車がそれを必要とするかどうか疑問に思っている場合は、次のことを自問してください。

1) 一貫して高品質のガソリンを使用していますか? 2) 少なくとも 30,000 マイルごとにエア フィルターを交換しましたか? 3) 最近、タイヤの空気圧をチェックしましたか?

これらの質問に肯定的に答えることができれば、おそらく大丈夫です。 安くて無名のガスをたまに買うのは問題ありません。 エアフィルターを交換してタイヤの空気圧を設定するのは常識です。 また、おばあちゃんのように運転する場合は、高速道路に出て、右足の垂直ペダルを「床まで」踏み込み、車が完全に快適ではない速度まで加速します。 その後、さらに数回繰り返します。 これは、余分な炭素を一掃するのに役立ちます – 無料 – 燃料のコストを削減します。 気をつけて。 警官に気をつけろ。

要約すると、車のメンテナンスについてはメーカーのガイドラインに従ってください。 有名ブランドの燃料を使用し、タイヤの空気圧をときどき設定し、車の推奨間隔に従ってエア フィルターを取り付け、ときどきハンマーを落とすことを恐れないでください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *