キセノンヘッドランプであなたの世界を照らしましょう!

照明は確かに何年にもわたって変化してきました…つまり、車の場合です! キセノン照明が流行しつつあるため、ドライバーはもはやハロゲンヘッドライトに頼る必要はありません。 ヨーロッパのように、所有者はストックテールライトを使用する必要もありません。 [or Altezza] ライトが流行しています。 フォグランプでさえ長い道のりを歩んできました、ベイビー! ブロックの最新の子供、キセノン ヘッドランプと、それらがどのようにあなたの運転の世界を照らすことができるかを見てみましょう.

消費電力が半分でハロゲン電球の 2 倍の明るさのヘッドランプ セットがあれば、それは良いことですよね? はい、それは確かにそうであり、それは、世界中の高級車の標準装備として急速に受け入れられているだけでなく、特定の人気のある大量生産車にも採用されているキセノン ヘッドランプの背後にある考え方です。

キセノン ヘッドランプ技術の重要な特徴は、自然光に近いクリアな白色光を生成することであり、ドライバーの集中力を向上させることが証明されています。 眼精疲労が軽減されるということは、ドライバーが最善を尽くすために必要なことを実行できることを意味します。ドライバーと同乗者が安全かつ確実に目的地に到着することです。

道路標示や標識は、ハロゲン電球に比べてキセノン ヘッドランプの方が読みやすいです。 実際、キセノン ヘッドランプは、ドライバーの視野が大幅に広がり、緊急時の反応時間が改善されるため、安全性が大幅に向上します。 暗い、照明のない裏道を走行することは、白昼でも安全上の問題になる可能性があります。 ただし、キセノン ヘッドランプを使用すると、ハロゲンを動力源とする車に衝突した可能性がありますが、キセノン ライトを取り付けると、はるかに早く視界に入り、致命的な接触を避けることができます。 [for the buck definitely!]. 一般的な調査によると、すべての事故の 80% が視界の悪さが原因で発生しています。

欧州市場では、キセノン技術を搭載した車両には、最適な視界を確保するためのヘッドランプ クリーニング システムと、車両の向きを変えるときにヘッドランプ プロジェクターの回転を制限する自動レベリング システムも装備されています。 一部のシステムは、キセノン テクノロジーをさらに一歩進めています。キセノン ダイナミック ベンディング ライトまたは DBL テクノロジーは、ステアリング ホイールの角度に応じて光線を回転させる特別なヘッドランプです。 ハイビームモードとロービームモードの両方で動作するバイキセノンヘッドランプは、広い縁石での視界を最大 90% 向上させます。

当然のことながら、キセノン技術は高価であり、ハロゲン駆動のヘッドランプをキセノンに、またはキセノンをバイキセノンに変換することはまだできません. ただし、一部のメーカーは、代替品としてバンパーに追加できる補助ライトを販売しています。

もちろん、Xenon テクノロジーがまだ普及していない理由の 1 つは価格です。 高級車でさえ、750 ドルの追加料金でバイキセノン ヘッドランプがオプションとして提供されているのを見たことがあります。 すべての技術的進歩と同様に、キセノン ヘッドランプを大衆に届けるために、1992 年に市場に出た技術を誰かが、どこかで改良していることを期待できます。 これは、視界不良に関連する事故がそれに応じて減少し始めるため、すべての人にとって朗報です。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *