AC がオンの状態で車が停止する – AC コンプレッサーがロックされている可能性があります

A/C をオンにして車が失速する主な原因の 1 つは、圧縮されたコンプレッサーです。 AC がオンになるたびにきしむ音、煙、失速があり、通気口から空気が暖かく吹き出す場合は、コンプレッサーがロックされている可能性があります。 ベルトのきしみだけがあり、車が失速せず、エアコンが冷える場合は、ベルトまたはテンショナーが摩耗している可能性があります. 車のアイドリングが十分に高くなく、A/C がオンの状態でエンストする場合があり、他の問題が発生しない場合、IAC (Idle Air Control) モーターが原因である可能性があります。

※確認の際は、コンプレッサーが熱くなっている場合がありますのでご注意ください。

ロックアップまたは押収されたコンプレッサーをチェックする方法

  1. クラッチ プレート (コンプレッサーの端) を回してみてください。
  2. クラッチプレートを固定しているナットのソケットを使用して、回転できるかどうかを確認します。
  3. クラッチプレートの過熱の兆候を探します。 変色。

ベルトが緩んでいる場合は、サーペンタイン ベルト テンショナーが摩耗している可能性がありますが、これだけで車が失速することはありません。 IAC モーターが固着すると、車が失速する可能性があります。 IAC モーターは通常、固着の原因となるカーボンが蓄積します。 ACをオンにしてもアイドリングが上がらないと、エンジンが停止する可能性があります。 これが問題である場合、多くの場合、IAC モーターをスロットル ボディから取り外し、ブラシと燃料インジェクター スプレーで洗浄してから、再度取り付けることができます。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *