7種類のフライス盤

フライス盤には、一定の標準仕様に基づいてさまざまな機能を備えたさまざまなタイプがあります。 最も一般的に使用されるマシンには次のものがあります: コラム、タレット、C フレーム、水平、ベッド タイプ、プレーナー スタイル、およびトレーサー制御。

フライス盤は、多くの機能を備えた金属産業のツールです。 各マシンにはさまざまな速度範囲で動作するカッターがあり、必要な形状を形成できます。 調整可能なスピード機能により、各フライス盤を調整してより正確なカットを行うことができます。 この機械は、彫刻、ねじ切り、フライス加工、穴あけ、切断などの複数のタスクを処理できます。 フライス盤にはいくつかの種類があり、それぞれが標準的な基準に基づいてさまざまな機能を備えています。 メーカーは、制御の種類、存在する軸の数、スピンドルの向き、ツールのサイズ、その目的、動力源に応じて、さまざまなマシンに名前を付けることがよくあります。 今日利用可能なフライス盤にはいくつかの種類がありますが、基本的に同じ機能を果たしますが、異なる用語を使用しています。 以下は、7種類のフライス盤のリストです。

最も一般的なフライス盤で、作業台、サドル、ヘッド、ヒザ、オーバーアームの5つの基本部品で構成されています。 最も単純なタイプの機械と考えられており、その切断装置は金属の穴あけを可能にするために垂直に吊り下げられています。 これは、小さくて便利なため、通常、自動車の部品を作成するときに使用されます。

タレット

タレットはブリッジポートタイプとも呼ばれ、いつでも再配置でき、このマシンを非常に機能的にします。 その汎用性は、自動車部品以外にもさまざまな製品を作ることができるため、より実用的です。

Cフレーム

タレットよりも頑丈なため、このタイプは工業用に人気があります。 油圧モーターを搭載しているのでパワフルです。

水平

この機械は地面と平行に走ります。 切断装置が上下する間、被加工物を載せたテーブルが横に移動します。

ベッドタイプ

作業台は、通常の位置ではなく、ベッド自体の上にあります。 機体の膝部分を省略し、縦方向に可動。

かんなスタイル

この機械タイプは基本的にベッドミルと同じです。 ただし、プランナースタイルには、より幅広いフライス加工を可能にするカッターとヘッドが含まれています。

トレーサー制御

このタイプのマシンは、マスター モデルに基づいてパーツを複製する機能を備えています。 ほとんどの産業部門、特に自動車産業は、機械部品の生産と専門化を容易にするため、このタイプの機械を選択しています。 フライス盤の分類は多岐にわたり、用途に応じて必要なものを選択する必要があります。 ただし、決定が難しい場合は、ためらわずに専門家の助けを求めてください。専門家は、最大の利益をもたらすものを選択するのに役立ちます.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *