Categories: 修理

電気技師の必需品

家やオフィスの電気修理は非常に危険な作業です。 配線作業をしようとする人は、電気スパークの影響を受けやすく、怪我をしたり、場合によっては死亡したりする可能性があります。 その結果、新しい電気技師の市場があることは驚くことではありません。 普通の人がこれらの修理を行うのはあまりにも危険です。

この国の多くの若者が大学生になるなどの追加要因も、ブルーカラーの労働力を枯渇させています。 配管工や一般保守作業員のように、新しい電気技師は、これまで以上に開かれた市場から確実に利益を得ることができます。 電気技師になることはあなたにとって最良の選択ですか?

電気技師になる:基本的なステップ

電気技師になりたい場合は、電気技師として合法的に活動するために必要なライセンスを取得するために、専門学校または専門学校に通う必要があります。 これらのクラスでは、配線、回路、電気理論、数学、モーター制御などの主題について学びます。 さらに、これらの学校は、認定を受けるために必要な実務経験を積むのに役立つ見習いプログラムも提供している場合があります。

免許を持った電気技師のもとで 2 年間の見習い期間を経て、電気技師の称号を取得した後、電気技師認定試験を受けることができます。 この試験では、電気技師としての安全慣行に関するさまざまな法律や規制に関する知識を証明する必要があります。 この試験は、認定資格だけでなく、ビジネス全体にとって重要であることを忘れないでください。 誰かが電気工事を行うことができれば、あなたの仕事は必要ありません.

電気技師として入力する特定の種類のフィールド

電気技師は、関連するさまざまな分野で仕事を探すことができ、その過程でこれらの仕事の分野で活動するために必要な資格を取得するために働きます。 たとえば、意欲的な電気技師は、ケーブル接続やデータ通信の分野で特定の仕事を見つけることができます。 または、認定された MSHA または原子力電気技師として仕事を探すこともできます。

その結果、専門学校や専門学校に入学する際には、特定の電気技師のキャリア パスを選択する必要があります。 例として、一般的な電気技師になることを選択し、さまざまな仕事を引き受けることができる「何でも屋」の労働者になることができます。 ただし、場合によっては、雇用主が特定の主題の専門家を探している場合があります。 電気技師としてのキャリア パスを決定する際には、自分が最も興味を持っている仕事の種類を調査し、生涯にわたる学習の旅を続けるようにしてください。

電気技師の専門分野の例には、モーター修理、建設および建物の検査官、電気工学技術者、電気および電子機器の修理および設置業者が含まれます。 時間をかけて、自分の興味とスキルセットに最適な将来の関心分野を判断してください。 物を作るのは好きですか? それとも、システム内の特定のエラーを指摘して修正したいですか? これらは、キャリアを成功させるだけでなく、仕事を楽しみながら充実した人生を送るために、その過程で自問すべき質問です。

Share
Published by
Charles Richards
Tags: repair motor

This website uses cookies.