迅速かつ簡単な方法でホイールを修理する

修理作業はこれほど簡単ではありませんでした。 HTS-2000 および HTS-528 高強度ろう付けロッドは、乗用車、トラック、RV、トレーラー、その他のアルミニウムおよびスチール ホイールのホイールをすぐに修理できます。 簡単、迅速、そして長持ちします。

おしゃれでスポーティな外観の乗り心地を提供する合金ホイールを見たことがあるはずです。 これらの大径合金ホイールは見栄えがよく、パフォーマンスが向上しますが、時間の経過とともに速度と道路状況が多くの磨耗を引き起こします。 周期的なストレスは高く、ベンチレーション、ディスク取り付け穴、フランジ、リムに負担がかかります。 結果? ひび、へこみ、曲がり、傷がすべて現れ始めます。

問題は、これらのホイールをディーラーやワークショップで交換すると、費用がかかる可能性があることです. その答えは、当社のハイテクで最先端のろう付け棒を使用するいくつかのニッチな修理工場の形でもたらされました。 修理は優れた品質であり、結果は耐久性とタフです。

専門家は、アルミ合金ホイールの修理に当社の HTS-2000 を推奨しています。 引張強度が高く、不純物を容易に貫通し、伸びが良く、溶融温度が低いです。 しかも、このノーフラックスロッドがあれば、機械は必要ありません。 さらに、母材よりも頑丈な溶接が得られます。 必要なのは熱源 (プロパン、ブタン、マップまたはオキシアセチレン) だけで、準備完了です。

スチール合金ホイールの修理には、HTS-528 が最適です。 フラックスが内蔵されているため、このロッドは鋼、銅、ニッケル、鋳鉄、真鍮、青銅に適しています。 2つの異なる金属を融合させるのは素晴らしいことです。 そのため、店主は「ろう付け棒のおかげで断られたことは一度もありません」と言っています。

HTS-2000 ろう付けロッドを使用すると、ガス溶接が簡単になります。 機械修理工場が、従来の Tig 溶接機やヘリアーク機の代わりにこれらのロッドを使用するようになったのも不思議ではありません。

伝統的に、アルミニウムのような金属の溶接は、溶銑からの酸素を遮断するためにフラックスで覆う必要があるため、溶接部の強度を低下させる酸化物の形成はありません。 素晴らしい点は、HTS-2000 はガス溶接にフラックスを必要としないことです。

しかも、このロッドは溶接機を使用する必要がないため、自由に移動できます。 ガス溶接タンクを現場に運ぶことも、トラックやトレーラーで運ぶこともできます。 コンセントも必要ありません。 さらに、機器は自給自足であり、費用もかかりません。

ガス溶接トーチの助けを借りて、このロッドは、溶接の引張強度、伸び、低い溶融温度、さらには腐食、不凍液、油などの不純物を通過する能力さえも与えます. 結局、溶接部は母材よりも硬くなってしまいます。

さらに、この第 2 世代のろう付け棒は、ディーゼル エンジン、自動車、自転車、飛行機、ボート、トラック、トラクター、リベット、オーニング、はしご、側溝の製造にも使用できます。

溶接を開始するには、より厚い要素に炎を向けて、より多くの熱を吸収できるようにします。 必要に応じて高強度ろう付け棒を挿入して、薄いエレメントを熱から保護します。 フィルター金属の堆積速度は、ガス炎の先端からロッドを押したり引いたりすることで制御できます。

スチールでもアルミニウムでも、ホイールはこのろう付けロッドのデュオを気に入るはずです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *