車のフロントガラスの修理と保護のための 6 つのヒント

通常、車のフロントガラスの問題は、小さな欠けから完全なひび割れが発生することです。 したがって、安全を確保するために、できるだけ注意する必要があります。 この記事では、フロントガラスのひび割れを防ぐのに役立つヒントをいくつか紹介します。 さらに、これらのヒントは、必要な修理を特定して実行するのに役立ちます。

1.チップの位置を特定する

まず、亀裂の位置を特定する必要があります。 亀裂があなたの視界を覆い隠しているかどうか調べてください。 亀裂が視界を遮る場合は、車両を専門家に持っていくことができます。 一方、チップが画面の端にある場合は、固定する必要はありません。

2. ガラスを交換する必要があるかどうかを調べる

専門家によると、亀裂のサイズが 12 インチ未満の場合は、交換するのは得策ではない可能性があることを知っておいてください。 その理由は、この種の損傷がガラスの完全性を損なう可能性がないからです。 ただし、すべてのクラックが異なることに留意することが重要です。 あなたがする必要があるのは、亀裂が大きくなって安全面が損なわれないようにすることです.

3. ガラスを汚れや破片から保護する

ガラスにひびが入っている場合は、汚れや破片で満たされていないことを確認してください。 汚れがチップを埋めると、単純な作業が複雑になります。 ただし、これはできるだけ早く洗車する必要があるという意味ではありません。 チップに水が入ったらガラスを交換するしかありません。 したがって、ガラスを汚れや水から保護する必要があります。 透明テープを使用して亀裂を覆うことができます。

4. 車を屋内に駐車する

車は必ず日陰に駐車するようにしてください。 理想的には、車をガレージに駐車する必要があります。 アイデアは、太陽と雨からそれを保護することです。 何が起こるかというと、フロントガラスが熱くなる傾向があり、亀裂がさらに広がる原因となります. したがって、これは覚えておくことが重要です。

5. ガラスを極端な温度にさらさないでください

同様に、温度が高すぎたり低すぎたりする場所に車を駐車しないでください。 デフロスターやエアコンをハイパワーで使用しないでください。 可能であれば、徐々にパワーを上げてガラスを解凍するとよいでしょう。

6. 慎重に運転する

注意して運転すれば、ひび割れが画面全体に広がるのを防ぐことができます。 言い換えれば、道路のくぼみに気を付けて、起伏の多い地形での運転を避けたいと思うかもしれません。 同様に、特にフロントガラスにひびが入っている場合は、車を押し付けたくないかもしれません. これとは別に、車から降りるときにドアをバタンと閉めたくないかもしれません。

簡単に言えば、これらはフロントガラスを保護したり、ガラス全体に亀裂が広がるのを防ぐのに役立ついくつかの簡単なヒントです. お役に立てれば。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *