Categories: 修理

車のオイル交換 – 自分でやる

オイルを交換することは、プロがすぐにできると約束するものですが、3,000 マイル運転するごとに、価格がすぐに加算される可能性があります。 自分でやればいくらか節約できます。 オイル交換は思ったほど難しくありません!

オイルを交換する前に、お気に入りのパーツ ストアで消耗品を購入する必要があります。 最初に必要なのは、6 クォートのオイルです。 自動車メーカーが特定のタイプを推奨している場合は、それに固執する必要があります。 それ以外の場合は、よく知っていて信頼できるブランドを選択してください。 (注 – オイルを混ぜないでください。すでに同じブランドのクォートを 1 つか 2 つ家に持っている場合は、同じ種類の追加のクォートを購入してください。) オイルを交換するたびに、オイルフィルターも常に交換する必要があります。 そのため、特定の車用のオイル フィルターも用意する必要があります。 さらに、古いオイルを空にするためのオイルパンが必要になります。 あなたの最善の策は、簡単にリサイクルできるように密封できるものを購入することです. また、まだお持ちでない場合は、オイル フィルター レンチを使用できます。

必要なアイテムを購入したら、オイル交換を開始する準備が整いました。 まず、エンジンの下側にアクセスできるように、車のジャッキを使用して車両を地面から持ち上げます。 (注: 安全性を高めるため、ジャッキ スタンドを使用していることを確認してください。) エンジンのオイル フィル キャップを取り外します。 次に、エンジンの下に入ります。 オイルパンはエンジンの底全体を覆っており、ここから排出されます。 六角形 (6 辺) のエンジン パン ドレン プラグを探します。 購入したオイルパンを下に置きます。 次にソケットレンチを使ってドレンプラグを緩めます。 油が出始めます。 これを完全に排出させます。 排水したら、プラグを元に戻して締めます。

次に、ドレンパンをオイルフィルターの下に移動します。 オイル フィルター レンチを使用して、フィルターが外れるまで反時計回りに回します。 緩めたら、手でエンジンからねじを外す必要があります。 オフしたら、オイルパンに置きます。オイルがフィルターから滴り落ちます。 いよいよ、新しいフィルターの装着です。 箱から新しいフィルターを取り出すと、ベースにゴム製のガスケットが見えます。 将来簡単に取り外すための良いトリックは、ガスケットを完全にオイルでコーティングすることです。 それが終わったら、新しいフィルターをフィルターパイプにしっかりとねじ込みます。

この時点で、あなたは下にいるので、車を降ろすことができます. ただし、最初に、オイルパンとツールを車両の下から取り出します。 次に、エンジンに 5 クォートのオイルを入れて、キャップを元に戻します。 次に、オイルレベルを確認します。 高さが 1 クォートであることがわかりますが、これはフィルターがまだいっぱいになっていないためです。 次に、車を始動し、エンジンを約 5 分間アイドリングさせます。 これにより、オイルポンプが新しいオイルを吸い上げ、循環させることができます。 また、車の下をチェックして、フィルターからオイルが漏れていないことを確認します。 次に、車を止めて、オイルレベルをもう一度確認します。 今回は「いっぱい」と表示されます。

これで完了です。 これらの手順を 3,000 マイルごとに繰り返すだけです。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.