真空修理ソリューション

掃除機は、高品質の台座または安価ながらくたのいずれかですが、最終的には、可動部品を備えた機械は故障します. カービィとフーバーは掃除機の修理が必要になるまでに少し時間がかかります。

掃除機がオンになっても吸引が停止すると、消費者は掃除機が詰まっていると考えることがよくあります. ただし、詰まりを調べる前に、より一般的で簡単に修正できる問題がないか確認する必要があります。 間違いなく、ほとんどのデンバー掃除機の修理は、バッグの交換またはベルトの交換で完了できます。 ダイソンのようなバッグレス掃除機のメーカーは、自社のバッグレス マシンはサービスを必要としないと主張しています。 定期的にフィルターを掃除するようにしてください。

これを行っても詰まりがあると思われる場合は、掃除機のプラグが抜かれていることを確認し、ホースに従ってください。 取り外せる場所があるかどうかを確認し、詰まっているものがないか探します。 キャニスターに吸引があり、ヘッドに吸引がない場合は、ホースの詰まりが見られることを確信できます. 一部のフーバー掃除機にはリバーサーが付属しており、破片を吹き飛ばすことができます。 それ以外の場合は、それを突き出すためにハンガーまたはダボが必要になります. 詰まりが取れたと思ったら、4 分の 1 やビー玉などの重いものを落として、詰まっていないことを確認します。 次に、詰まっているヘッドまたはアタッチメントでプロセスを繰り返します。

掃除機をオンにしてもモーターが回転しない場合は、電気的な問題が発生している可能性が高くなります。 電動バキュームブラシには別のモーターがあり、これも故障する可能性があります。 ヘッドが回転していなくてもバキュームがオンになっている場合は、パワー ヘッドを残りのバキュームに接続しているワイヤーを探します。 これは電気修理作業なので、自分で行うのが苦手な場合は、デンバーの掃除機修理店に持ち込む必要があります。 モーターが回転しているのが聞こえるが、ヘッドが回転しない場合は、幸運かもしれません。ホース全体ではなく、配線のみを修正する必要があります。 ワニ口クリップと電気抵抗計を使用して、真空中でどれだけ電力が流れているかを判断します。

その他の電気的な問題は、掃除機を壁のコンセントに接続するコードにある可能性があります。 安価なプラスチック製の掃除機本体は、コード ポイントで破損する可能性があります。

デンバーの掃除機の修理が必要になるのを防ぐためにできる予防保守がいくつかあります。 空気の流れが制限され、エンジンが過熱するため、袋をいっぱいにしないでください。 フィルターを交換し、掃除機の内部をきれいにして、適切な空気の流れを維持します。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *