森の中の重要なグラップル トラックの安全

グラップル トラックは、森林で非常に便利な機器であり、重い木材を持ち上げて輸送するために広く使用されています。 ただし、これらの車両の機能はこれで終わりではありません。さまざまなタスクに簡単に適応できるため、最も需要の高い林業サービス車両の 1 つになっています。 操作中には固有のリスクや危険があり、適切な安全対策を講じることで最小限に抑えたり、防止したりすることさえできます。 以下は、森の中でこれらの車両を使用するためのいくつかの注意事項です。

予防措置

作業現場でグラップル ローダーを不適切に使用すると、重傷や死亡事故につながる可能性があります。 以下にリストされているのは、この機器を操作する前に十分に理解する必要がある予防措置です。

  • メーカーマニュアル – 安全警告記号に細心の注意を払いながら、このマニュアルを読んで理解してください。
  • 検査 – グラップルの油圧システムを完全に点検し、ブームの故障を避けるために、ブームに漏れがないか、以前の使用による潜在的な損傷がないか、コンポーネントの欠落や機能していないかを確認します。
  • 修理 – 操作前に必要な修理を行ってください。
  • クリアエリア – 操作中は、周囲の人が機械から離れていることを確認してください。
  • 適切な速度 ・荷を運ぶときは、荷が揺れないように徐々に速度を上げて速度を維持し、転倒事故を防止してください。 適切な視界と回転クリアランスを確保するために、負荷をできるだけ低く保ちます。
  • 地盤条件 – 丘、岩の多い地面、緩い充填面で作業を行うときは、これらの機械が転倒事故を起こしやすいので注意してください。
  • 急停止を避ける – コントロールの喪失を避けるために、資材を運搬する際にブームを急停止させたり、振動させたりしないでください。

安全対策

以下は、これらの車両を安全に操作するために考慮する必要がある 3 つの「P」です。

  • 下見 – エンジンを始動する前に、車両と作業現場の点検を行ってください。 これは、丸太を持ち上げるときの事故を防ぐために行う必要があります。 エンジンとコントロールが完全に機能し、故障の兆候がないことを確認してください。 作業現場は、視界を遮る枝やその地域の作業員など、あらゆる危険の存在について評価する必要があります。 グラップルが木材を完全に掴んで滑らないようにしてください。 油圧式アウトリガーをチェックして、丸太をトラックの荷台に持ち上げるときに完全にかみ合って安定していることを確認します。
  • 人材育成 – 作業を正確、効率的、安全に行うために、訓練を受けていない担当者がさまざまなタイプの頑丈な機器を使用しないようにしてください。 これらの車両は、取り扱いに関する適切な知識のない人が使用すると、事故が発生する可能性があります。 すべてのドライバーは適切なトレーニングを受け、個人の安全のために正しく使用する方法を知っている必要があります。
  • 個人用保護具 – 現場で森林災害にさらされるリスクにも対処する必要があります。 このようなリスクに対する主な防御策は、個人用保護具を使用することです。 利点には、リスクを最小限に抑え、個人の保護を強化することが含まれます。 森林での PPE の使用は、訓練を受けた労働者が PPE を正確に選択、維持、および使用する方法を知っている場合にのみ効果的です。

グラップル トラックは特殊なタイプのナックルブームで、丸太を持ち上げるだけでなく、他のさまざまな用途にも非常に効率的です。 汎用性と効率性のために機能が増えると、当然のことながら、使用に伴う特定のリスクと危険性も増加します。 従わなければならない特定の安全規則と慣行があります。 作業現場で厳密に適用しないと、死亡事故や重傷を負う可能性があります。 雇用者は、これらの機械の適切な使用に関するトレーニングを提供する必要があり、オペレーターは、次のような機器を使用する際の安全手順を適切に理解している必要があります。マニュアルを読む。 予備検査の実施; 作業環境の評価; と PPE を着用します。 森林にそのような慣行を導入することにより、林業会社は確実に安全と財政的安定という最終目標を達成することができます!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *