Categories: 修理

万年筆の入院: 回復のための 10 の理由

通常、入院というと、看護師、医師、外科医、麻酔科医、その他の専門医のスタッフが思い浮かびます。 これらの訓練を受けた専門家があなたの病気の世話、治療、投薬、緊急医療のニーズに対応できるように、あなたは入院しています。

信じられないかもしれませんが、ビンテージおよびモダンな万年筆の修理と復元を行う病院が存在します。 ヴィンテージ万年筆の革新者たちは、喜び、名声、機能、スタイルのためにこれらの筆記メカニズムを設計しました。 非常に多くの発明者が特許を取得したり、製図板を行ったり来たりという面倒を経験した理由は、独自性と耐久性のためにペンのデザインを微調整するためでした. もちろん、完璧を目指してはいるものの、製造工程や人為的ミスによる不具合や不具合が発生した場合のお客様の懸念への対応という問題もありました。 これが The Fountain Pen Hospital が誕生した理由であり、筆記具を病院または立派な専門の万年筆修理店に預けたい理由トップ 10 を以下に示します。

1.基本的なオーバーホール

2.サック交換

3.真空修理

4. ダイヤフラムの交換

5. 複雑なペンの修理 (Parker Vacumatic、Sheaffer Snorkel または Touchdown)

6. ヴィンテージのペン充填システム (レバー、プランジャー、ピストン、ツイスト) の復元

7. ひびの入ったペン先の修理とゴールドのペン先の再調整

8.ペン先の調整とスムージング

9. コンポーネントとペンの電気めっき

10. ガウジ、スクラッチ、その他の表面損傷の修復

万年筆病院は、1946 年に Phil Wiederlight と Al Wiederlight (それぞれ、今日の所有者である Terry と Steve Wiederlight の父と祖父) によって設立されました。 テリーとスティーブは、ヴィンテージおよびモダンな筆記具のあらゆる段階における 50 年の経験を組み合わせています。 The Fountain Pen Hospital では、修理と復元に加えて、ペン アクセサリー、本、限定版の万年筆を提供しています。

万年筆は大切に使えば一生ものです。 これらはデリケートな筆記具であり、適切に洗浄して保管する必要があります。 ボトル入りのインクは、直射日光を避けて保管する必要があり、ペンにインクを入れる前によく振って、ボトルの底に沈む可能性のあるインクの粒子をかき混ぜてください。 ペンがすぐに起動しない場合、または数週間使用していない場合は、インクが乾燥してペン先またはフィードが詰まっている可能性が非常に高くなります。 ペン先を水または同色のインクで濡らしてみてください。 他のすべてが失敗した場合は、ペンを洗い流してください。 数週間ごとに万年筆を洗ってください。 熱湯やアルコールは絶対に使用しないことをお勧めします。 蒸留水が最適です。

激しい腹痛がある場合、獣医や気象学者に急いで行きたくありませんか? もちろん違います。 また、メルセデス・ベンツを所有しているとしたら、修理のためにバイク屋に持っていきますか? 間違いなくいいえ! 問題を解決するために、あなたが必要としている分野を専門とする人を断固として探すでしょう。 あなたの万年筆も同じです。 投資を保護するためには、知識と経験が豊富で、ビンテージまたはモダンな万年筆の仕組みと多様性に関する質問や懸念にすぐに対応できる担当者を見つける必要があります。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.