Categories: 修理

リース車のへこみ・キズ修理の3つのポイント

リースしている自動車にへこみをつけてしまった場合、おそらく、その損傷によってどのような損害が発生するのか、少し心配になるでしょう。 損傷のある車両を返却する場合、少なくとも保証金は放棄することになります。 しかし、敷金では修繕費をまかなえないとリース会社が判断した場合、さらに諦めてしまう可能性があります。 ただし、そのすべてのお金を出す必要はありません。 以下に、保証金やそれ以上のお金を失う必要がないように、リースした車の損傷を修復するのに役立つ 3 つのヒントを示します。

まず、お住まいのデントリペア サービス プロバイダーに相談してください。 旅行中の場合は、その地域にサービスを提供している移動式へこみ修理会社があるかどうかを確認してください。 ホテルのコンシェルジュに相談して、請負業者を提案できるかどうかを確認してください。 地元の電話帳を見て、誰かがモバイル サービスを提供しているかどうかを確認します。 これは、自動車整備工場を探すのに慣れていない地域を運転するよりも、はるかに優れた選択です。 あなたの故郷にリースされた自動車がある場合、より多くの選択肢があります。

第二に、無料の見積もりを提供してくれる請負業者のみを選択してください。 不明な料金のために、作業が完了した後に予想よりもはるかに高い請求書を受け取りたくありません。 すべてが見積もりに含まれているかどうかを尋ねます。 仕事が始まる前に、このような質問をすることは何の問題もありません。

第三に、リースされた車両で行われるモバイルへこみ修理作業が保証の対象であることを常に確認してください。 スペシャリストが修理でうまくいかなかった場合、修理作業のために再びお金を払う必要はありません。 する必要はありませんが、保証がなければ選択の余地がないかもしれません。 車両を別のサービス プロバイダーに持ち込む必要がある場合もあります。 あなたは多くのお金と時間を費やしています – おそらく、損傷した部品で自動車を返却した場合よりもはるかに多くの時間を費やしています.

車を返却するときに、リース担当者に損傷について報告する義務はありません。 作業が正しい方法で行われた場合、リース担当者はとにかくそれを見ることができないはずです. デポジットが戻ってきて、すぐに出発できます。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.