サンダルのお手入れのヒント

靴は、それに付随するその他の服装と同じくらい重要です。 しかし、多くの人がそれらを使って実行する唯一のタスクは、それらを着脱することです. これは悪いニュースです。適切な手入れをしないと靴は長持ちせず、足に怪我をすることさえあるからです。 特にサンダルは足の露出が多いので注意が必要です。 サンダルをメンテナンスするのにほんの少し時間をかけるだけで、サンダルを良好な状態に保ち、雨や風から足を適切に保護し続けることができます。

一般的なヒント

すべてのサンダルは耐熱性がなく、暖炉やラジエーターなどの熱源に触れないようにしてください。 暖かい季節には、窓を閉めた車の中など、風通しの悪い場所や温度が極端に高い場所にサンダルを保管しないでください。 サンダルがゴム製でない限り、水に触れないようにしてください。 ウォータープルーフのビーチサンダルについた汚れは、ぬるま湯と中性洗剤で落とせます。 これで汚れが取れない場合は、別のクリーナーを試すのではなく、専門の靴修理サービスを求めることをお勧めします。

サンダルのお手入れのもう 1 つのステップは、空気を抜くことです。 サンダルは湿気を吸収して足を涼しく保つように作られています。 ただし、水分を放出する機会を与える必要があります。 アディダスなどのスポーツサンダルを長時間履くと、湿気がこもり、イヤなニオイが発生することがあります。 ビルケンシュトック サンダルなどの一部の靴には、サンダルが呼吸する機会を簡単に提供する取り外し可能な靴底があります。

特殊素材

レザーとスエードで作られたサンダルは、一般的なメンテナンス以上のお手入れが必要です。 革は特に水に弱いです。 良い例は、革のNAOTサンダルです。濡れると、サンダルを一緒に保持するために使用される化学物質が柔らかくなり、短時間で靴が履けなくなります. 塩水は腐食性があるため、皮革にとって特に危険です。 塩水に触れるサンダルに金属部分がある場合は、すすぐ必要があります。 偶発的な傷を取り除くには、レザー専用のつや出し剤のみを使用してください。 定期的に磨きをかけると、サンダルの柔軟性も保たれます。

スエード サンダルのお手入れの最初のステップは、靴を防水するスプレーまたは溶解クリームを塗布することです。 濡れても靴が汚れるのを防いでくれる商品です。 ビルケンシュトック サンダルなどのデザイナー スエード シューズには、独自のクリーニングおよび保護製品があります。 スエードの特別な機会のサンダルをほこりから守るために必要なのは、穏やかなブラッシングだけです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *