クラッチキット:クラッチキットの交換方法

ドライバーとして、車のコンポーネントの 1 つが壊れる状況に遭遇します。 場合によっては、システムを交換するために誰かにお金を払う余裕があることもありますが、方法を知っていれば、自分でやらなければならない場合もあります。

クラッチは、次のいずれかにすることができます: 車の前部または後部。 さまざまな車が前輪駆動車または後輪駆動車として作られています。 フロントクラッチを交換するには、その場所から取り外すのが難しいため、より多くの忍耐が必要です.

油圧クラッチシステムは多くの部品で構成されています。 これには、クラッチ プレート、プレッシャー プレート、レリーズ ベアリングとレリーズ フォーク、オペレーティング シリンダーとマスター シリンダー、油圧ライン、ジョイントとペダルが含まれます。

まず、フライホイールをチェックする必要があります。 場合によっては、フライホイールを機械加工する必要があることが問題になる場合があります。 クラッチを交換する前に、ギアボックスを損傷しないようにギアボックスも取り外す必要があります。

ほとんどのコンポーネントを交換するには、車をジャッキアップする必要があります。 クラッチがある場所は、ジャッキを配置する場所です。 次に、キットをブロックしているクラッチ ケーブルとバッテリー ケーブルのフックを外して、トランスアクスルを取り外す必要があります。

次に、エンジン マウントを固定しているボルトを取り外す必要があります。 これは、トランスアクスルを簡単に取り外すときにも役立ちます。 クラッチ キットの交換を行うには、エンジン マウントの 1 つを取り外すだけで済みます。 トランスアクスルを取り外すには、フライホイール ベル ハウジングの周りのボルトも取り外す必要があります。

これでトランスアクスルが取り外され、損傷したコンポーネントに手を伸ばす準備が整いました。 クラッチディスクをスライドさせるには、プレッシャープレートのボルトを緩める必要があります。 フライホイールを加工または交換した後、フライホイールが正しく回転するように、クランクシャフト フランジから汚れが除去されていることを確認してください。 これで、新品のクラッチ ディスクを取り付けることができます。

ここから、あなたがしたことはすべて逆です。 トランスアクスルを交換するには、パーツをディスクのスピンドル穴に合わせる必要があります。 インプットシャフトがクラッチディスクのスピンドル穴に滑り込むまで、トランスアクスルを動かします。 ジャッキを取り外す前に、すべてのボルトを正しく締める必要があります。 ボルトが緩んでいると、重大な問題や多額の修理が発生する可能性があります。

を交換する方法を正確に知るには、モーター修理業界での経験が必要です。 クラッチキット 車の他のコンポーネントを損傷することなく。 有資格の技術者またはメカニックが簡単に作業を行いますので、お客様が行う必要はありません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *