オーナーオペレーターとカンパニードライバーの本質的な違い

毎日足を踏み入れると、さまざまな目的地に物資や商品が運ばれているトラックを目にすることでしょう。 基本的に、これらのトラックは、ドライバー所有のトラック (ドライバーがトラックの所有者) と会社所有のトラックの 2 つのカテゴリに分類されます。 オーナー オペレーターは、自社のトラックを所有し、会社からトラックの荷物のみを運搬するトラック ドライバーです。 一方、会社所有のトラックがあり、会社がトラックを所有し、ドライバーは会社のトラック ドライバーとして雇用されます。 実際、これら 2 つのカテゴリのトラック ドライバーを互いに異なるものにしているものは非常に多くあります。

CDIを取得したばかりの人が会社のトラックドライバーになるのが常に最善です. 手始めに、これにより、トラックの所有者またはセミトラックの所有者になるかどうかを決定できます。 このスタートは、オーナー オペレーターの仲間入りをする前に、業界で高い評価を得ている経験豊富なトラック ドライバーになるための足がかりとなるはずです。

そもそも社用車の運転手は、会社からトラックを受け取る人です。 支払いに関しては、ローカルまたは州間で運転しているかどうかに応じて、時間単位またはマイル単位で支払われます。 保険、車両代金の支払い、修理など、トラックに関するすべてを会社が負担します。燃料費はすべて会社が負担します。 実際、同社は顧客満足のために定期的にトラックを変更しているため、ほとんどの会社のトラック ドライバーは最新のトラックを運転することができます。

一方、所有者のオペレーターは自分のトラックを所有しており、実際、会社のドライバーよりも多くの収入を得る傾向があります。 彼らはより多くのお金を生み出すという事実にもかかわらず、かなり高いオーバーヘッドも持っています. 彼らは、修理、支払い、メンテナンス、保険を担当しています。 ただし、ブローカーを使用して、運搬することを選択したものは何でも自由に運搬できます。 彼らはトラックの荷物を運ぶか、必要な会社にトラックをリースすることができました。 どの荷物を運ぶかについてほとんど、またはまったく発言権がない会社の運転手とは対照的に、トラックの所有者は、自分が運ぶトラックの荷物について発言権があります。

移動中は、トラックの所有者自身ではなく、会社のトラックの運転手が電話、シャワー、食事に使用できます。 特定の雇用主は、そのようなニーズをカバーするために、ドライバーに日当を提供しています。 このような手当、つまり日当は、通常、ドライバーの給与パッケージに含まれています。 そのため、運転手は自分のポケットから支払う必要があり、小切手を受け取ったときに払い戻されます。 運転手が日々の支出に予定されているものを使い切ることができないことを考えると、払い戻されずに個人的に世話をしなければならない所有者のオペレーターとは対照的に、彼はいくらかの余分な収入を得ることができるかもしれません.

会社のトラック運転手として、健康保険に加入するオプションがあり、休暇には有給休暇が与えられるべきです。 これは、ドライバーが会社にしばらく勤務している場合に常に当てはまります。 一般に、これらの追加料金は、常に当該会社の規制と詳細に依存しています。 トラックの所有者はすべてのニーズを担当するため、これはトラックの所有者には当てはまりません。

会社のトラック運転手とは対照的に、所有者の運転手は自分の燃料、食事、シャワーなどを担当しています。ペイパッケージで払い戻されます。 さらに、走行中に不快な問題が発生した場合に備えて、修理のためのお金を確保する必要があります。 また、所有者のオペレーターは個人の健康保険に加入する必要があり、休暇を取った場合、その間の支払いはありません。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *