ウィンドウティントのメリット – 知っておくべきこと

この簡単な手順で、透明な薄いフィルムを車の窓に貼り付けます。 車やトラックの窓があることには多くの利点があります。 フィルムの厚さは 0.001 ~ 0.004 インチの範囲で、異なる素材で作られています。 窓の色合いも、特に夜間のドライバーにとって危険をもたらす可能性があります。 安全性を確保するために、多くの管轄区域では、着色フィルムの暗さに基づく法律が施行されています。 たとえば、アーカンソー州では色合いの制限は 25% ですが、ニュージャージー州では 70% です。

窓の色付けには 3 つの方法があります。

• フィルム着色 – これは窓に着色する安価で簡単な方法です。 窓ガラスに貼るフィルムには、メタリック、ミラー、フラットなどさまざまな色合いがあります。 自動車分野の一部の専門家は、このタイプの窓の色合いは、自動車事故での窓ガラスの飛散を防ぐのに役立つと述べています. これは事実かもしれませんが、通常、申請の最初の数か月間は役に立ちます。 これは、ウィンドウ ティント ファイルが簡単に剥がれたり、ひび割れたりする可能性があるためです。

• OEM ティント ガラス – このタイプのウィンドウ ティントでは、ウィンドウに適用するのではなく、ガラスの準備時にティントが追加されます。 このタイプは色合いが薄く、交換するには高価になる可能性があります。

• コーティングされた着色 – この技術では、独特の溶液が窓の表面に塗布されます。 スプレーとしてよく使われます。 窓に色を付ける場合、これが最も効果的な方法です。 適用が難しいプロセスであるため、専門家のみが行う必要があります。

ウィンドウティントの利点

• より良い運転 – 運転中に太陽が顔に当たると、イライラすることもありますが、致命的なこともあります。 フロントガラスに着色すると、極端な日光によるまぶしさを防ぎ、目を保護するのに役立ちます。

• プライバシー – 車内で人に見られるのを防ぐだけでなく、車内の物が近くにいないときに他の人に見られるのを防ぎます。 貴重品を盗難から守るためにトランクに保管する必要はありません。

• 車の内装を紫外線から保護し、直射日光からの熱によって車内が熱くなりすぎて、車内のプラスチック ダッシュボードやその他のプラスチックがひび割れたり、色あせたり、ゆがんだりするのを防ぎます。 また、有害な紫外線を90%もブロックします。

• 涼しさを保つ — 適切な窓の色合いがあれば、夏の車内の熱を最大 60% 削減できます。

• 健康的なウィンドウ ティントを維持すると、皮膚がんの原因となる紫外線の数を減らすことができます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *