アーバン・インディアン – ザ・カー・ピープル

車はインドの都市を定義します。 あなたが知っている誰もが、あなたが想像できるあらゆる形とサイズの 1 つを持っています。 アメリカ人と同じように、都会のインド人も自分の車に恋をしており、世界中に自慢することを恐れません。 90 年代以降にインドで生まれた人にとって、これはおそらく驚くべきことではありません。 しかし、90 年代より前の数十年に生まれた私たちにとって、これは目の前で繰り広げられた奇跡です。 70 年代から 80 年代にかけて、インドは個人所有の車のない国でした。

政府または公共部門の高官は、公式に提供された大使で活動しました。 非常に上級の陸軍や警察官もそうでした。彼らの車は、旗や星が描かれた登録プレート (組織の階層における居住者の地位を定義する) によって識別できました。 自家用車を所有していたのは、ライセンス ラージ ディスペンセーションで事業を成功させる術を習得した都市の裕福な住人、または町の有力な医師や弁護士だけでした。 世界の他の地域では、地元のバスまたは二輪車を使用していましたが、できればスクーターを使用しており、バジャジ チェタク、ランブレッタ、ビジェイ スーパーなどのブランド名が豊富に用意されていました。時代。 車の中には、タンクのような悪意のあるアンバサダー、気の利いたフィアット (プレミア パドマニとしても知られています)、スタイリッシュでスポーティーなスタンダードの 3 つのブランドしかありませんでした。

ほとんどの人は、おそらく車を買う余裕がないことを知っていたので、車を買うことを本当に熱望していませんでした.馬車(トンガ)が町内の通勤の定期的な手段であった環境では、話す自動車文化はありませんでした.の。 車になんらかの情熱を持っていたのは、元マハラジャやザイムンダール(家主)などのインドの貴族階級のメンバーと、防衛軍に勤務する将校だけでした。 一般の人々にとって、ヒンディー語の映画は、ラジェシュ・カンナやフェローズ・カーンのような映画スターが才能を発揮して運転する派手なアメリカ車 (インパラ) に触れる唯一の機会でした。 インドの多くの丘の町にある主要な公立(私立)学校で勉強している若い男の子と女の子は、西側の教育のおかげで、自動車業界の動向についてかなりの情報を持っていました. 彼らは、海外の雑誌や主要な国際的なベストセラーを読んだり、アメリカやイギリス (ジェームズ・ボンド) のアクション映画を観たりして情報を入手していました。

これは、1980 年代初頭にマルチ スズキの津波がインドの都市部を襲うまでの状況でした。 これは、小さくても驚くほど強力なエンジンを搭載した気の利いた速い車で、デリーや他のインドの町や都市の道路を、これまで見たことのない車のように疾走しました。 小さくて手頃な価格で、優れたパフォーマンスと走行距離を実現したという事実は、都会のインド人の心に火をつけ、自分の車を所有するという魅力的な見通しに火をつけました。 細流として始まったものが大洪水になり、Maruti 800 の発売と同時に、これまで瀕死状態だったインド経済が世界貿易の自由な流れに開放され、大志とお金を持った巨大なインドの中流階級の専門家が生まれました。この前例のない成長を支えたのはスペアでした。 彼らの両親とは異なり、この新世代の若い専門家はリスクをまったく嫌うわけではなく、購入資金を銀行や他の金融機関から借りることを考えませんでした。 この容易な資金調達は、インド経済が当時の主要な西側諸国で起こっていたことを再現しようとする熱狂的なペースの結果でした。

今日、インドは世界最大の自動車市場の 1 つであり、世界中のほぼすべてのブランドがここで販売されています。 メルセデス、BMW、フェラーリ、トヨタ レクサス、フォルクス ワゴン、シュコダ、トヨタ – それらはすべてここにあります。 国内で成長した自動車大手の 1 つである Tata Motors は、マーキー ブリティッシュ ブランドの Jaguar-Land Rover を所有しており、デリー近郊のグレーター ノイダには、インド独自のフォーミュラ 1 グランプリ サーキットがあります。 見た目の変形は完了です。

そうではありません。 世界で最も重要な自動車市場の 1 つであるにもかかわらず、インドはほとんどの人間開発指数で非常に低くランク付けされており、約 200 の奇妙な国のうち平均 150 の数を占めています。 極度の貧困、恐ろしいほどの教育と医療の不足、きしむような非効率的なインフラストラクチャー、風土病の汚職、その他無数の病気が依然として存在します。 国はこれらすべての分野で立派な進歩を遂げていますが、それは間違いなく森の外にあるわけではなく、ここでアメリカの自動車への執着を再現しようとすると、さまざまな結果になるでしょう. インドの自動車産業の成長は驚異的であり、多くの雇用と収入を生み出してきましたが、環境コストと都市の明らかに不十分な道路への負担の面での影響は、大惨事にほかなりません。

北米大陸の国々は、人口が比較的少ない非常に広大な土地に恵まれています。 インドは大きな国かもしれませんが、その都市、町、その他の都市中心部は継ぎ目でつぶれています。 アメリカやカナダのように、多くの人が 2 台の車と大きな郊外の家を所有することを考えられるようなことはあり得ません (最近の経済危機により、それは少し難しくなっています)。 代わりに、インドは自家用車の使用を禁止している英国やシンガポールなどの国に目を向ける必要があります。 オランダのような国では、多くの人が自転車で通勤しています。 インドでは物事が完全に一巡しており、おそらく車に対する全国的な都市の強迫観念を再考する時が来ている.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *