ほとんどのユーザーが犯す 6 つの冷蔵庫メンテナンスの間違い

冷蔵庫は最も使いやすい電化製品のリストに載っていますが、多くの人がその過程でコストのかかる間違いを犯してしまいます。 これらのメンテナンスミスを犯した場合、修理に数百ドルを支払わなければならない場合があります. したがって、これらのよくある冷蔵庫のメンテナンスの間違いを避けるために、この記事をまとめました. 詳細については、以下をお読みください。

換気不良

冷蔵庫内の温度はかなり低いですが、ユニットは放出しなければならない大量の熱を生成します。 ユニットの裏側の空気がかなり暖かいことに気づいたかもしれません。 この領域が適切に換気されていないと、アプライアンスは適切に機能しません。 これとは別に、ユニットの寿命を大幅に短縮する可能性のある熱の蓄積にもつながる可能性があります。

損傷したシール

ドアを適切に閉めないと、深刻な問題が発生する可能性があります。 同様に、ドアのシールを所定の位置に配置する必要があります。 扉が閉まらなかったり、パッキンに不具合があると、庫内温度が異常に高くなることがあります。

その結果、アプライアンスのモーターは、ユニット内の温度を維持するのに苦労します。 これにより、消耗が激しくなり、アプライアンスの寿命が大幅に短くなる可能性があります。 ドアのシールに亀裂が生じた場合は、できるだけ早くシールを交換することをお勧めします。

キャビンの過充填

冷気の循環が十分でないと、冷蔵庫内の食品は涼しく新鮮に保たれません。 したがって、キャビン内に多くのアイテムを保管することはお勧めできません。 そうなると、内部に保管されている食品や飲料の周りの冷気の循環に悪影響を及ぼします。

これとは別に、空気循環が悪いと、ユニット内の温度が乱れる可能性があります。 そのため、ユニット内に物を入れすぎないことをお勧めします。

設定温度が低すぎる

温度を最低に設定したくなるかもしれませんが、専門家はそれをお勧めしません。 設定温度が低すぎると、アプライアンスのコンポーネント、特にモーターに多くのストレスがかかります。 これとは別に、ユーザーマニュアルを検討して、すべてを正しく行っていることを確認することもできます.

温かい食品の保存

熱い食品を冷蔵庫に保管するのは得策ではありません。 あなたがする必要があるのは、保管のためにユニットの中に入れる前に、食品を室温にすることです. 何が起こるかというと、熱い食べ物がキャビン内の温度を急激に上昇させ、モーターに大きな負担をかける可能性があります. 繰り返しになりますが、これにより、アプライアンスの主要コンポーネントに不必要な摩耗や損傷が生じる可能性があります。

掃除の習慣が悪い

最後に、冷蔵庫が常に問題なく動作するように、定期的に冷蔵庫を掃除することをお勧めします。 これとは別に、排水システムを詳しく調べることもできます。 ブロックするべきではありません。そうしないと、対処すべき深刻な問題が発生する可能性があります。 また、背面と側面のクリーニングも忘れずに。

簡単に言えば、これは最も一般的な冷蔵庫のメンテナンスの間違いのいくつかの説明でした. これらの間違いを回避したい場合は、この記事に記載されているヒントを検討することをお勧めします.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *