なぜ自動車保険が必要なのですか?

車を運転することは贅沢ではなく、大きな責任です。 多くの人でさえ、特にインドのような国では、運転をステータスシンボルと考えています。 収入のスラブが増加するにつれて、車を所有することは今や大したことではなく、人々は自転車や車を簡単に手に入れることができます。 社会の状態を表すだけでなく、機動性を高めて時間を節約します。 車を運転することで、公共交通機関への依存も解消されます。

確かに運転は私たちの生活を快適にしてくれましたが、同時に危険な生活へと駆り立てるものでもあります。 誰かが「スピードウェイは墓地で終わる」と正しく言ったように。 見せびらかしという名目で、人々は自分の命を危険にさらすだけでなく、車のスピードを出しすぎて他人を傷つけます。 新聞での事故や死亡の毎日の報告は、今や一般的なものです。 人々は、交通規則を破り、運転倫理に従わないことにより、他の人の命を危険にさらすことにより、交通事故で命を落としています。 さらに、高い修理費用に加えてスペアパーツの費用があなたのポケットを圧迫するため、最近では優れた自動車保険に加入することが不可欠であることを証明しています。

自動車保険は、主に道路を走行する車両に対して購入され、事故の場合に車両とドライバーを物理的な損傷から保護することを主な目的としています。 自動車保険の購入が重要な要因は数多くあります。

法律による義務: 自動車保険を購入する最大の理由は、法律で義務付けられていることです。 自動車法により、第三者保険への加入が義務付けられています。 警察は、PUC、免許証、保険証券などの車両の書類をいつでも確認する権利を有します。 書類を提出できないと困ります。 そのため、出発前に自動車保険に加入することをお勧めします。

車両の損失と損傷: 人々は運転感覚がまったくなく、我が国の交通管理の種類は、車両をぶつけずに損害を与える日はほとんどないことを私たちは皆知っています。 自動車保険に加入する主な理由は、車両の紛失や損傷によって発生した費用をカバーすることです。 したがって、道路を自転車や車に乗る前に、より安全な側にいて、自動車保険に加入することは常に良いことです.

賠償責任を軽減: インドでは第三者賠償責任 (TPL) 自動車保険への加入が義務付けられています。 TPL とは、事故で他人やその財産に損害を与えた場合、保険がその治療費を支払い、法的な負担からあなたを救うことを意味します。

入院: すべての車の所有者が、事故でわずかな切り傷や打撲傷を負うだけの幸運に恵まれているわけではありません。 いくつかの事故はあなたを困難な状況に追い込み、入院する必要があります。 そのような状況では、自動車保険会社は、高額な病院費と治療費を自分のポケットから払い出す代わりに、病院の請求書を支払います。

あなたの死亡後にあなたの家族を補償します: 交通事故の最も不幸な結果である車の所有者の死につながるほどひどい事故もあります。 生計を立てていた保険契約者が亡くなると、家族は日々のニーズを満たすことが難しくなります。 したがって、自動車保険契約は、不幸な出来事の後に家族が費用を負担するのに役立ちます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *