Honda シティの再生

ホンダ シティは、東アジア諸国で大人気のサブコンパクトカーです。 それは、スタイリッシュで広々としており、燃費が良いと最もよく説明されています。 足元の広さから初代モデルは3ドアの小型ハッチバックで、瞬く間に日本でヒット。 広々としたインテリアは、多くの 4 ドア セダンに匹敵します。 日本人はスタイリッシュなルックスと低コストにも感銘を受け、シティ ブランドの成功の基礎を築きました。

シティブランドの死と再生

設計の変更と管理上の問題がすぐにその名声を追い越し、1986 年から 1994 年の間に市は忘れ去られました。1996 年の復活も、前任者と同様に迅速でした。 新型はホンダ・シビックのプラットフォームをベースに、1.5L VTECエンジンを搭載。 リアシート下の燃料タンクをフロントシートに移すことで、レッグルームとトランクスペースが大幅に拡大されました。 南アジア市場のライバルであるホンダ・シビックやトヨタ・カローラと比較して、顧客は再び広々としたインテリアと優れた燃費を好んだため、この変更はホンダ・シティの販売の触媒となった。 現在、主にパキスタン、タイ、インド、マレーシア、フィリピン、インドネシアで生産されています。 この3代目ホンダモデルは、Dシリーズエンジン、すなわち13Dと15Dをベースにしています。 ただし、これらのエンジンの出力は多少低下していますが、それでもホンダ シティは出力に対する重量の比率に優れています。 15D エンジンタイプの出力は約 115 馬力で、約 985 kg の重量を支えます。 現代の小型コンパクトセダンの基準では、Honda City は 0 から 100 km/h に 10 秒という驚異的な速さで到達できます。

四代目ホンダシティ

第 3 世代のホンダ シティの成功により、エンジニアは外観構造に大幅な変更を加えることができました。 2002 年、中国はホンダ フィットと命名して新しいモデルを実験しました。 その後、新しいシティ モデルが最初にインドネシアで導入され、その後、シンガポールを含む他の市場で宣伝されました。 再設計されたモデルは、ヘッドライト、フォグライト、バンパー、ヘッドランプなどの大胆な外観を提供しました。 さらに、ホンダ フィットにはなかった追加機能を提供するためにシャシーが拡張されました。 マニュアル・オートマともにi-DSiとVTECにアルミホイールを標準装備。 また、同クラスの車両としては非常に珍しいパドルシフトボタンを利用したオーバーライド機能を備えた7速トランスミッションであるCVTギアボックスも備えています。

現在、第 5 世代のホンダ シビックは、アジア市場以外のブラジルで生産されています。 この第 5 世代の Honda City の際立った特徴は、さまざまなクラスと環境に優しいエタノール バリアントの範囲です。 その急速な進歩から、Honda City は長期滞在する運命にあるようです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *