商用車保険の主なメリット

車両は、娯楽用ではなくビジネス用である場合があります。 ただし、社用車を運転する前に、会社は商用車の運転に必要な保険に加入する必要があります。 そのような保険が必要かどうかわからない場合は、商用車の補償の主なメリットをいくつかご紹介します。

1. 税制優遇。

会社が社用車を保証するために費やすお金は、事業費であるため、税金控除になる可能性があります。 実際、ガソリンとメンテナンスに費やされた資金は、社用車のカバーでカバーされた後、「商用車」として正式に宣言された後、税の自発的な超過になる可能性があります.

企業はどれくらい節税できる? 税額控除は、通常、確保したカバーの量と、保険をかけた車またはトラックの数に比例します。 したがって、会社が保証する社用車またはトラックの数が増えれば増えるほど。 そして、彼らが彼らのために確保するカバーが多ければ多いほど、企業はより多くの税控除を享受できます.

2. 雇用主と従業員のための静けさ。

企業は、社用車を運転する人々が保護されているかどうかを気にすることなく、心配するのに十分な問題を抱えています。 そのため、これらのドライバーのカバーを確保することが重要です。 企業は、従業員が事故に遭った場合、ポリシーによって従業員が保護されることを知って安心できます。

商用保険を確保することは、車両のドライバーにも安心を提供します。 車を所有していなくても、ドライバーは、事故に遭った場合に会社に数千ポンドの損害を与えることになるのではないかと心配する必要はありません。

3. 汎用性。

社用車といえば普通の車を思い浮かべますよね。 ただし、社用車には、バン、コーチ、バス、さらにはオートバイなど、いくつかの種類の車両が含まれる場合があります。 そのため、会社がビジネスに使用する車両の種類に関係なく、商用車の保険契約を確保できます。

4. 商品の表紙。

乗用車やトラックのカバーは、社用車で配送される商品のカバーにも使用できます。 この補償には、車両事故で破損した商品だけでなく、顧客に支払われた払い戻しも含まれます。

5. 節約。

社用車やトラックのカバーを確保することで、会社の経費を節約することもできます。 これは、会社が個々の車両に保険をかけるのではなく、複数の車両に保険をかけることができるためです。 ただし、通常、会社が社用車補償ポリシーを介して保証しなければならない車両の最小数があります。 また、通常、車両が同じタイプである必要はありません。

商用車保険のプロバイダーは、通常、個々の車両の保険も提供しています。 したがって、会社の車両数が限られている場合は、この代替オプションがあります。 ただし、車両を個別に保険するコストは、単一のポリシーを使用して複数の車両に保険をかけるよりも大幅に高くなる可能性があることに注意してください。 ですから、購入する前に計算してください!

商用車保険を確保するかどうかを決定する前に、これらの前述の利点を確実に検討する必要があります。 このタイプの保険を確保することで、従業員と雇用主の両方に一連のメリットを提供できます。 そうすれば、ビジネスはビジネスの世話に集中できます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *