Categories: 二輪車

個人の交通手段の最も安い形態 – スクーター

実際、最も安価な個人用移動手段はペダル式の自転車です。 それは正しくないと言うかもしれませんが、スケートボードは正しくありません。 わかりました、そこに議論はありませんが、電動車両に関しては、スクーターが個人用車両として最も経済的であると主張する人はほとんどいません. 2 人乗りの車がさらに安くなるまでは、スクーターが王道です。

安いとは何かを定義する

電動運転の世界では、安くすることにはさまざまな意味があります。 コンパクトカーは、最近の路上で最も手頃な価格の四輪車であるという意味で安くなりました. 前代未聞のブランドをオンラインで探すことは、大手自動車メーカーが支配する市場に参入したいと考えており、最低のステッカー価格が最善の策である可能性があるため、非常に安いと見なすことができます.

しかし、スクーターはまったく別の品種です。 スクーターは一般的に 2 輪バイクまたはオートバイの一部として分類されますが、スクーターは長い間、村内を通勤する子供や女性向けの短距離ランナーでした。 エンジンのサイズが 250cc を超えないため、通勤の最も手頃な手段であり続けることが保証されます。 安いとはそういうことです。

最高の燃料効率

スクーターは最も安価な個人用輸送手段であるだけでなく、モデルにもよりますが、1 ガロンあたり 60 ~ 100 マイルの範囲で最高の走行距離を楽しむことができます。 生のお金の節約はあまりにも劇的で、見逃すことはできません。 第二次世界大戦後にイタリアのベスパ スクーターで市販されて以来、人々はスクーターが目的地に到達するための賢明な方法であることを知っていました。

日本のホンダとヤマハのブランドは、60年代から世界中のより広い市場にそれを広げました. 彼らは近距離で通勤する人々に良い支持を得ており、魅力の面で衰えることはありません. しかし、燃料効率の多くを占める軽量ボディに 4 ストローク 50 cc エンジンを使用することが多いため、技術はそのままでした。

現在、化石燃料源の減少の脅威により、ポンプの価格が歴史的な最高値に達しており、スクーターはより歓迎すべき復活を遂げています. 早くも 2005 年に、スクーターの売り上げは過去最高を記録しました。 以前から、インドや中国などの国では、毎日何百万人もの人々が主要道路を移動しています。

インド、台湾、韓国、インドネシアの自動車メーカーがスクーター市場でシェアを獲得しています。 適切なアフターセールス テクニカル サポートがある限り、どのブランドを取得しても間違いはありません。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.