中米ベリーズについて知っておくべきこと

ここでベリーズという言葉を聞くと、南アメリカかヨーロッパ、あるいはアフリカの場所に違いないと思うかもしれません。

ベリーズは、メキシコの最南端、南側と西側をグアテマラ、東を美しいカリブ海に接する小さな国です。 この国の人口は約 25 万人です。 中央アメリカで唯一英語を話す国です。 第三世界の国ですが、提供できるものがたくさんあります。

ジャングル、滝、マヤ遺跡が全国に散らばっています。 ジャガー、イノシシ、クモザル、ホエザルなどの野生動物がいます。 鳥はどこにでもいます。 オウム、オオハシ、ハチドリ、ツルなど、鳥愛好家向けの多種多様な動物がいます。 ベリーズは世界で 2 番目に大きなサンゴ礁を誇り、そのため、クルーズ船で 1 日到着する日帰り旅行者にとって、おそらく国内で最も人気のある観光地の 1 つです。 サンゴ礁には、あらゆる種類の色とりどりの魚やサンゴが集まっています。 水域にはナースシャークやエイがたくさんいて、浅瀬に立っているシュノーケラーのそばを通り過ぎます。 ハンドウイルカもいますし、特定の時期には素晴らしいジンベエザメも姿を現します。

ベリーズは連邦国家であるため、主要言語は英語ですが、このカラフルな国全体で他の多くの言語も聞くことができます。 スペイン語、片言の英語、低いドイツ語の方言、さまざまな中国語の方言、遠隔地でのマヤ語の方言を聞くことは珍しくありません。

ベリーズの人々は、全体的にフレンドリーで明るいです。 ただし、ほとんどの第三世界の観光地と同様に、お金を物乞いする人々や生計を立てようとする絶望的な販売員に出くわす可能性があります. ベリーズ労働者の平均賃金は、1 日約 40 ベリーズ ドルで、これは 1 日 20.00 ドルに相当します。

ベリーズには他にも発見すべきことがたくさんあります。 インターネットにアクセスして、ベリーズへの旅行を計画しましょう。 あなたは毎年戻ってきます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *