ホンダC90の歴史

本質的に、ホンダ C90 は、1978 年にホンダ C70 のアップグレード バージョンとして導入されました。エンジンの回路図と全体的な観点からの実質的な信頼性。 HONDA C90は、OHC単気筒(1気筒あたり2バルブ)4ストローク空冷エンジンで構成され、排気量は約89CC。 同様に、ボア値は 50 mm、ストローク値は 45.6 mm、1 分間あたりの最大エンジン回転数は 10,000 でした。

一方、ホンダ モーター カンパニーのメーカーによると、ホンダ C90 の圧縮比は 8.2 対 1 で、エンジン出力に見合ったものでした。 しかし、そのエンジンは毎分 9,500 回転で 7.50 馬力、毎分約 6,000 回転で 0.67 NM のエンジン トルクを生み出す能力を持っていました。 同様に、イグニッション ユニットに関しては、Honda C90 にはコンタクト ブレーカー ポイントと、最近の技術的進歩に沿ったアップグレードであるマルチ プレート湿式自動コンポーネントで構成されるクラッチ ユニットが装備されていました。

しかし、ホンダ C90 には 3 速チェーン トランスミッション ギア ボックスがありましたが、4 速ギアボックスの方がエンジンの回路図と一致していたので、残念でした。 それにもかかわらず、Honda C90 には、高品質のスクーター クラスのバイクとして普遍的に受け入れられるために重要な役割を果たした、他にもさまざまな機能がありました。 そのフレームは、その頑丈さと耐久性を考慮したプレス鋼から成形されました。 一方、フロント サスペンション ユニットは、3 インチのトラベル コンポーネントと連動する、油圧で減衰されたリーディング リンク フォークで構成されていました。 同様に、リア サスペンション ユニットは、3.8 インチのトラベルと組み合わされた、油圧で減衰された圧縮スプリングで構成されています。

あるいは、フロントとリアのタイヤにそれぞれ 4.3 インチと 4.5 インチのドラム ブレーキ ユニットが採用されました。 最後に、ホンダ C90 が非常に人気を博した主な理由の 1 つは、100 km あたり 2.5 リットルという優れた燃費性能と、排気ガスから排出される温室効果ガスの量を技術の進歩によって削減できることです。単位。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *