ホンダ CD125 オートバイの歴史

それは素晴らしい見栄えのオートバイであり、日本以外ではかなり珍しいものでした. 1969 年には、優れた「改良された」シングル シート デザインと頑丈なトラベル ラゲッジ ラックが発売されましたが、ホーム マーケット デザイン用に設計された「スローパー」モーターと電動スタートをまだ使用していました。

1971 年頃、通勤用の 125 ツインの 3 番目のバージョンが登場しました。このバージョンでは、垂直エンジンを使用し、まったく同じ間隔の狭いシリンダーとサイド ドリブン カム チェーンを備えていました。

実際のホイールの寸法は現在 16 インチから 17 インチに拡大されており、このオートバイはわずかに大きくなりました。Honda CD125 は最終的に 1973 年のデザインでお辞儀をし、本物の改造のみを使用して、ああそう「60 年代」のタンク側を落としました。クロームパネル。 これらの機能は毎日 125 個のツインが魅力的であり、熱狂的な愛好家に求められています。このシングル キャブレターと 4 速ギアボックスは、この低出力ながら非常にスムーズなツイン シリンダー ユニットの多くの魅力の 1 つになっています。

ホンダ CD125 は、ホンダ CA125 として知られる同様のモデルを複製するツーリング クラスに位置付けられます。 このモデルが提供する多くの機能は、52.4 リットルの燃費で最高です。 ホンダ CD125 の幅はわずか 780 mm と小さく、ターンが容易になり、機械全体が少なくなりました。 高さはバイカーにとっても重要であり、ドライバーとパッセンジャーの両方がより地面にアピールできるようにしました。

ホンダ CD125 の重量は、空の状態でも 52 リットルのガソリンを入れた状態でも軽量です。 このモデルの重量は、乾燥状態で約 133kg で、ガソリンを入れた状態では 5 桁増加して 142kg になります。 ホイールベースも1,280mmと大きくなり、乗り心地も向上。 ホンダ CD125 は昔も今も、公道とそれに続く距離のために作られた高品質のバイクです。

ホンダのCD125には排気量9.4:1の空冷ストロークSOHC4バルブエンジンを搭載。 エンジンの潤滑システムは、強制スプラッシュ ウェット サンプとして知られています。 これにより、メンテナンスを同様のオートバイの平均よりも低く抑えることができます。 ホンダには、貴重なCDI点火を備えた電気始動エンジンが含まれていました。 CDI イグニッションにより、5 速トランスミッションがジャンプスタートし、どこに乗ってもオールスター状態を維持できます。

ホンダ CD125 のフレームは、キャスターが 27 度のダイヤモンド鋼管です。 これは、リア サスペンション用のリア スイング アームとテレスコピック フォーク フロント サスペンションの製造に役立ちました。 この種の多くのバイクと同様に、Honda CD125 にはフロントとリアの両方のブレーキ用のドラムが含まれています。 装備された速度計には、走行距離、ガソリン、その他のいくつかのコンポーネントなど、多くの側面を知る必要があります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *