Categories: 二輪車

バイクマフラーサスペンションの仕組み

二輪車は、その利便性と自動車に比べて比較的安価であることから、普及が進んでいます。 車と同じ速度が可能で、公道での使用も許可されています。

オートバイの所有者と運転手は、これらの電動二輪車を移動手段として選択します。これは、車に代わる安価な代替手段であることに加えて、簡単に操作でき、燃費が向上するためです。 さらに、駐車スペースが少なくてすみます。 多くのアジア諸国が自動車よりもオートバイの数が多いのも不思議ではありません。

また、スピードが好きなドライバーにとって、オートバイは自動車よりも速く加速できるため、優れた乗り物です。 とはいえ、オートバイは万人向けではありません。 この車両に乗って制御するには、特に濡れた路面や滑らかな路面での難しい操縦中には、スキルと細心の注意が必要です。

しかし、バイクに乗りたいという衝動に駆られたときは、「どこから始めればいいの?」など、車両に関する多くの情報を学びたいと思うでしょう。 “バイクのエンジンをかけるにはどうすればいいですか?”; 「ギアをシフトする必要がありますか?」 「そうなら、どうすればいいですか?」 そして何よりも、初心者はまずオートバイの構造と基本的な部分、およびそれらがどのように機能するかを知りたいと思うでしょう.

ある著者は、丘の上でオートバイを始動する方法を説明するには、膨大な数のオートバイの部品が必要になると書いています。 また、アフターマーケットのオートバイ部品であろうと OEM であろうと、新しいライダーが乗り始めると、どの部品がどの部品であるか、またはオートバイに乗るための基本的な操作方法を識別できる必要があります。 .

オートバイの最も重要で人気のある部品の 1 つはマフラーです。 タイヤ、ボディ以外で一番有名なのはマフラーだと思います。 オートバイのマフラーには、静かではないにしても、排気音を減らすために必要なすべてのパイプとバッフルが含まれています。 キャブレターのジェッティングとのマッチングにも使用。 多くの場合、純正マフラーはアフターマーケットのパイプに変更され、サウンドとパフォーマンスに応じてユーザーの仕様に合わせられます。

ただし、すべてのバイクが同じ部品を同じ場所に搭載しているわけではありません。 アフターマーケットのオートバイ部品か OEM かを問わず、各オートバイには独自の部品名があり、部品の相互接続方法も異なる場合があります。 使用するモーターサイクルのモデルとブランドに応じてこれらのパーツを識別するのは、ライダーであるあなた次第です。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.