スズキACC 100オートバイの歴史

スズキ ACC 100 は、1960 年代後半から 70 年代にかけてこの日本の会社によって製造された A シリーズの通勤用オートバイの珍しいモデルです。 名前が示すように、このオートバイは、世界市場でよく売れていた人気モデル A 100 の派生モデルでした。 ライダーは、そのシンプルさ、操作のしやすさ、ガソリンへの渇きの少なさから、A 100 を気に入りました。 ACC 100 を使用すると、パワーも少し上がります。

両方のオートバイは同じ 98 cc エンジンを共有していました。 スズキは、1970 年代初頭の日本のオートバイの歓迎すべき機能である、潤滑用の自動オイル ポンプ CCI システムを保持していました。 スズキ A 100 のロータリー バルブ エンジンは、7500 rpm で約 9.3 馬力を発生しました。 長い道のりでは、自転車は時速 100 km までかかる可能性があります。 ACC 100 では、スズキのエンジニアがエンジンを微調整して、8000 rpm で 10 馬力を出力しました。 バイクの縁石重量は 83 kg で同じままだったので、ACC 100 はトンマークを超えることができ、最高速度は時速 110 マイルでした。 1970年代のファクトリースペックの100cc国産バイクとしてはかなりの性能!

他にもいくつかの構造変更がありました。 スズキ ACC 100 は、独自のタンク デザインとボディ カラー スキームとともに、新しいアップ スイープ エキゾーストを採用しました。 ガソリン容量は 7 リットルにとどまり、スズキ ACC 100 は非常に短い脚の優れたシティ バイクまたはタウン バイクになりました。 A 100 は両方のホイールに 2.50 x 18 のタイヤを装着しており、基本的なストリート ライディングには十分でした。 ACC 100 では、スズキは同じフロント タイヤを維持しましたが、リア ホイールに幅の広い 2.75 x 18 ゴムを導入しました。 これにより、より強力なバイクに優れた牽引力が提供されました。 奇妙なことに、ACC 100 には工場標準としてデュアル ディスク ブレーキが付属していませんでした。 A 100 のように、デュアル ドラム ブレーキが最善を尽くしました。 ほとんどの所有者は、より安全なライディング体験のために少なくともフロントディスクを追加しました.

1970 年から 72 年の間にのみ製造されたスズキ ACC 100 は、非常に珍しいクラシックな日本のオートバイです。 現存するバイクは少なく、乗っている状態のバイクはさらに少ない。 ただし、コレクターからの需要により、特にバイクが適切に処理されている場合は、価格が適正に保たれます。 他のスズキ A モデルと同様に、高品質のスペアパーツがまだ入手可能であり、その多くは交換可能です。 適切なキットがあれば、復元されたスズキ ACC 100 は、70 年代のスタイリングと驚くべきパフォーマンスで注目を集めることができます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *