Categories: 二輪車

スズキ AN 125 オートバイの歴史

スズキ AN 125 は、多くの場合、スズキ バーグマン シリーズのスーパー スクーターと混同されます。 ただし、AN 125 は実際には 1995 年に最初に製造された古いモデルです。生産は 1999 年まで続き、主要なバリエーションや特別なモデルはありませんでした。 現在、鈴木 UH125 と呼ばれる同様のバーグマン モデルが生産されており、これにも AN 125 の指定が与えられています。

90 年代に生産された鈴木 AN 125 は、空冷 124 cc 4 ストローク エンジンを搭載していました。 シンプルで分かりやすい単気筒設計により、このスクーターは 8000 rpm でかなりの 10 馬力を発揮しました。 これにより、報告された 0-60 mph の時間は 16 秒未満であるなど、いくつかの興味深い数値が生まれました。 縁石の重量が 100 kg の AN 125 は、同様の 100 cc のモペットやスクーターよりもはるかに大きな乗り物のように感じました。 しかし、10 インチのホイールにより、バイカーは現実にしっかりと接地できました。 ブレーキングは非常にポジティブで、以前のスズキのスクーターからの進歩でした。

実際の運転条件では、スズキのエンジンが勝者であることが証明され、一貫して競合他社よりもはるかに少ないガソリンを消費していました. オートマチック トランスミッションは、必要なスロットル 1 つとブレーキ 2 つだけで、車両の制御を簡素化しました。 これにより、若いライダーや後の学習者が基本的な上昇スキルを習得する絶好の機会が得られました. ただし、設計部門では、AN 125 は間違いなくパックの一部でした。 当時のほとんどのスクーターのデザインのように見えました。 ヨーロピアンなスタイリングとベアフリル。 収納は、フロントの小さなダッシュボードとシート下のヘルメットサイズの収納エリアに限定されていました。

スズキ AN 125 のライダーは、すべてのキー ディスプレイと警告 LED がはっきりと見える、まともなインストルメント パネルを手に入れました。 速度計は 110 kmph までグレードアップされていましたが、ほとんどの所有者は 80 mph を超える速度を経験したことがありませんでした。 今日でも高速道路を走っている AN 125 を目にすることはないかもしれませんが、街中や市場では必ず見かけます。

Suzuki AN 125 (1995 – 99) スクーターは、英国の中古自転車市場でまだ入手可能です。 AN 125 は適度に軽快なスクーターであり、基本的な走り回る作業には十分な性能を備えています。 同様のパワーを持つ 2011 年の 125cc スクーターの数分の 1 の価格で入手できます。 パーツの修復が必要な場合は、信頼できるパーツ ディーラーがスズキ純正のスペアパーツを見つけることができます。 数ポンドの追加で、楽しく、乗りやすく、非常に経済的な乗り心地が得られます。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.