Categories: 二輪車

オートバイのカバーを使用することの重要性

オートバイのカバーは、オートバイをガレージや大きなカバーの下に保管する代わりに、見過ごされがちです。 気流が不足しているため理想的ではありませんが、結露を防ぎます (ただし、これは高品質の通気性と防水性の現代的な素材によって軽減されます) が、要素からバイクを保護するのに優れています.

ガレージを持っている場合でも、オートバイのカバーを取り付けることで、ガレージ内のほこり、汚れ、昆虫などの要素からある程度保護されます. ほとんどのガレージは安定した温度に保たれず、断熱されていないため、軽量で通気性のあるカバーは結露の蓄積を助け、それによってカビが発生し、オートバイの仕上げを保護するのに役立ちます.

外では、よりハードコアなバイク カバーが必要になります。 風、雨、紫外線など、より過酷な要素に耐えなければなりません。 これらの問題は少量であれば大きな問題ではありませんが、バイクを長期間放置している場合 (たとえば、夏に乗って冬の間バイクを屋外に保管しておくなど) は、仕上がりが損なわれます。 紫外線は塗装を退色させます (これには赤が最悪です)。 静水は(雨による)しみを残すことがあります。 風は石や小枝などの小さな物体を木から飛ばし、オートバイに吹き付けて塗装を傷つける可能性があります。

オートバイのカバーは完璧ではありません。通気性と耐候性を両立させることが最大の課題です。 悪天候のシーズンの後も、バイクをバフアップする必要がありますが、カバーがない場合よりも作業が少なくなり、バイクの塗装やクロムへの長期的な損傷も少なくなります。

オートバイのカバーを持つことのもう1つの大きな利点は、セキュリティ上の理由です. 確かに、たとえそれが縛られていて、オートバイが固い物体に鎖でつながれていても、ナイフはそれを通り抜けます. しかし、それがシーツの下に隠れている場合、その下にある素敵な光沢のある高価なオブジェクトを見るよりも、泥棒にとって魅力的ではありません.

これらの理由から、オートバイのカバーは、オートバイを大切にする愛好家や、仕上げを維持して価値を維持したい愛好家にとって不可欠なアイテムです。

Share
Published by
Charles Richards

This website uses cookies.