オートバイと道路の火傷または道路の発疹

バイクの怪我に関しては、道路の火傷や道路の発疹は比較的軽微なもののように聞こえるかもしれませんが、このタイプの怪我は、場合によっては皮膚移植が必要なほど深刻になる可能性があります。 これらの傷は、多くの場合、オートバイ事故の際に発生する最も深刻な怪我です。

道路のやけどは、バイカーが自転車から投げ出されたり、引きずられたりしたときに発生する重度の擦り傷やあざです。 怪我の重症度は、通常、衝突の力と犠牲者が遭遇する地面の量によって異なります。 これらの傷は信じられないほど痛いだけでなく、瘢痕の損傷、深刻な感染症、および再建手術の必要性にもつながる可能性があります.

これらの損傷は、次の 3 つのカテゴリに分類されます。

• 剥離損傷 – これらは、皮膚のすべての層が剥がれる結果となる損傷です。 筋肉と脂肪が見える場合、剥離損傷は全層創傷として知られています。

• 圧迫による負傷 – これは通常、バイクと道路の間に四肢が挟まったときに発生する打撲傷または圧壊による負傷です。

• 縫合が必要な擦り傷 – これらは縫合のために緊急治療室に行く必要があるほど深刻な単純な擦り傷です。 これらは通常、自然に治ることはありません。

皮膚は体の最大の器官であり、体の大部分に発疹が発生すると、内部の病気や感染に対する信じられないほどの脆弱性を引き起こす可能性があります.

安全性に関心のあるオートバイのライダーは、通常、これらの火傷から保護するために衣類を着用しますが、通常は丈夫な革ですが、車で重大な事故が発生すると、通常、この保護は役に立たなくなります.

オートバイと道路の火傷について詳しくは、次の Web サイトをご覧ください。 ウィスコンシンのバイク事故 Habush Habush & Rottier, SC の弁護士

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *