洪水の後掃除をするバキューム トラック!

激しい暴風雨の後、特にがれきやシルトが集まって雨水管や排水システムの水の流れを妨げている場合は、洪水が避けられないことがあります。 固定されていない場合、閉塞によってこの過剰な流出が長引き、運転者と歩行者の両方に影響を与えます。 ありがたいことに、バキューム トラックと呼ばれるこの種の問題を軽減するために特別に設計された装置があります。

洪水の危険

洪水は、歩行者や通勤者にとって不便なだけではありません。 水没した道路は、水によって車輪と道路の間の牽引力が低下するため、運転するのは危険です。 雪解けが道路の氷の層に再凍結する冬の間、状況はさらに危険になり、車両が危険なほど横滑りして制御不能になる可能性があります。

雨水管の役割

雨水管は、降水や融雪によって生じる液体の流出を取り除くために特別に設計された導管システムです。 暴風雨による道路や周辺地域の浸水を防ぎます。 雨水管は、特に都市部では重要なインフラです。 雨の大部分が土壌に吸収される農村地域とは異なり、都市部、特に大都市では、地面の大部分がセメントで覆われており、液体をまったく吸収しません。 排水システムが適切に設置されていないと、雨水がたまりやすくなり、洪水が発生する可能性があります。

ストーム システムは、都市の下で実行される大規模なインフラストラクチャであり、この液体流出の除去のみに専念しています。 雨水排水管の位置と使用するパイプのサイズは、大量の水があふれないように慎重に計画されています。

ストーム システムには、次の 3 つの主要部分があります。

  • 入口– 入口は通常、道路の脇にある開口部です。 大きな破片がパイプに入って詰まるのを防ぐために、入口はすりおろされています。 入口グレーチングを通過する小さな破片は、排水桝に集め​​られます。
  • パイプ– パイプは都市からの流出を指示します。 パイプの直径は、収集された液体の量によって異なります。 最小のパイプは、排水口に直接接続されているパイプです。 増加したボリュームを補うために、いくつかの小さなパイプが合体するにつれて、パイプは大きくなります。 水の流出システムには、滝、階段、バルコニー、がれきを捕らえるための穴など、他の機能もあります。
  • 出口– すべてのパイプと排水管は、巨大な排水口につながっています。 ほとんどの場合、雨水は海、川、湖、運河などの自然の水域に流れ込み、安全に排出できます。

洪水の原因

都市には洪水除去計画があるという事実にもかかわらず、洪水は依然として発生しています。 これには 2 つの理由があります。1 つ目は、降水量が多すぎて排水システムが処理できないことです。 第二に、排水システムの排水桝が大量のがれきで詰まっているため、水の流れが制限されています。

バキューム トラックの役割

洪水の原因が排水システムの排水桝の詰まりである場合は、バキューム トラックが助けになります。 排水桝は、がれきをキャッチし、パイプに入るのを防ぐように特別に設計されています。 ただし、破片は一定期間にわたって蓄積し、目詰まりを引き起こす可能性があります。 定期的に水たまりを掃除し、目詰まりを防ぐのがバキューム車の役割です。 この定期的な活動にもかかわらず、大雨の際に排水桝は依然として容易に膨れ上がり、最終的に洪水が発生する可能性があります。 この種の危機の間、真空トラックを呼び出して抽出サービスを実行し、詰まりを解消することができます.

洪水下水道システムは、過剰な降水が特定の地域に集まるのを防ぐように設計されています。 ただし、バキュームトラックの役割が非常に重要な役割を効果的に果たすためには、定期的なメンテナンスが必要です。 排水システムとバキューム車が連携して浸水を防ぎます。 壊滅的な洪水が発生した場合、大洪水の後にバキューム トラックが掃除を行います。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *