正しいスノータイヤの選び方

冬の運転には、雪、氷、および一般的な滑りやすい状態など、独自の危険があります。 乾いているように見える道路でさえ、「黒い氷」がひそかに積み重なるため、危険をもたらす可能性があります。 道路状況については何もできませんが、適切な種類のタイヤを選択して冬季を乗り切ることができます。 あなたの安全だけでなく、同乗者や他のドライバーの安全も危険にさらされる可能性があります。

オーナーズマニュアルを確認する — 車に使用するスノー タイヤの種類は、メーカーの推奨事項に大きく依存します。 その情報は、オーナーズマニュアルまたは車に含まれる関連情報に記載されています。 詳細については、グローブ ボックスを確認してください。

現地の状況 — めったに雪が降らない場所に住んでいる場合、選択するタイヤの種類は、スノー ベルトの人が選択するものとは異なります。 後者のカテゴリーでは、ハイパフォーマンスのオールシーズンタイヤが適しています。 冬の降水量が多い地域に住んでいる人にとっては、過酷なスノー サービス タイヤは必須です。 これらのタイヤは、山/雪の結晶のシンボルでブランド化されており、ヨーロッパの高速道路で運転されるタイプのタイヤです。

スタッド付きスノータイヤ — 頻繁に雪が降り、厳しい荒れた状況では、車にスタッド付きスノー タイヤを装着する必要があります。 これらのタイヤはどこでも合法であるとは限らず、特定の日付以降は取り外す必要があります。 たとえば、ワシントン州では、スタッド タイヤは 11 月 1 日から 3 月 31 日までしか使用できません。これらのタイヤをこの期間外に使用すると、法執行機関から罰金が科される可能性があります。

軽量スタッド — スタッドレス タイヤとスタッド タイヤに加えて、軽量のスタッド タイヤもオプションであり、これら 2 つのタイヤ タイプのちょうど良い中間を提供します。 十分なグリップが得られ、スタッド タイヤや車を外さなければならないときに、これらのタイヤを取り外す必要はありません。

購入するタイヤがわからない場合は、タイヤの専門家に相談して、車と運転条件に適したタイヤについて相談してください。 タイヤの配置は、運転する車両の種類と、前輪駆動、後輪駆動、全輪駆動のいずれの車輪で駆動するかによっても異なります。 最後に、価格を比較し、各ブランドの評判を調査します。 一部のタイヤは他のタイヤよりもよく摩耗し、何マイルも何年も使用できます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *