大型トラック・18輪車の主な事故原因

サウスカロライナ州チャールストンは、人々が住み、働くための人気都市です。 活気に満ちたローカントリー文化が健在で、チャールストン港の大部分で支えられています。 この港は、モンクス コーナーからフォリー ビーチとその周辺地域に至るまで、地元住民に仕事をもたらします。 しかし、チャールストン地域の賑やかな活動は、チャールストン郡、ドーチェスター郡、バークレー郡を通る州間高速道路を移動する交通量とドライバーの量も増加させます。

大型の 18 輪トラックは、渋滞の多い州間高速道路 26 号線と 526 号線、高速道路 17 号線と 41 号線、およびパークウェイを走行する際に、ドライバーが注意しなければならない要素を追加します。 トラック運転手は、大型車両を運転するために訓練を受ける必要があります。 とはいえ、いまだに事故は起きています。

連邦自動車運送業者安全局 (FMCSA) によると、18 輪車とトラクター トレーラー トラックが関係する事故の上位 3 つの原因は次のとおりです。

1. トラックが走行車線を離れ、別の車線に入る、または道路から外れることがある (32%)

2. ドライバーがトラックのコントロールを失う (29%)。

を。 条件に対して速すぎる移動

b. 貨物の流通の変化

c. 一般的な車両システムの障害

d. 道路状況が悪い、またはその他の理由

3. トラックの走行車線内で他の車両の後部に追突された (22%)。

上記のいずれかの理由でトラクター トレーラーが事故に遭った場合、約 87% の確率でドライバーが主な原因です。 大型リグ トラックが関与する事故の 10% はトラックが直接の原因であり、3% は環境が原因です。 トラック運転手のエラーは通常、次の 4 つのカテゴリに分類されます。

1. 不履行 – 運転手が運転中に居眠りをした。 心臓発作または発作を起こした; またはその他の身体障害を持っていた

2. トラックの運転手が不注意、注意散漫、またはその他の方法で周囲の道路状況を観察できなかった。

3. 運転手は条件に対して速すぎました。 トラフィックの速度を誤って判断しました。 トラックの運転手は近づきすぎていた

4. 18 輪車の運転手は、パニックに陥ったり、過剰に補償したり、大きなリグを制御できなくなったりしました。

トラック運転手は、大企業とその保険会社の支援を受けています。 そのため、セミトラックでの事故に巻き込まれた場合、トラック事故がチャールストンとその周辺に住んで運転している人々にどのように影響するかを知っている、経験豊富な人身傷害弁護士の形で適切な説明を受ける必要があることを確認する必要がありますサマービル、モンクス コーナー、アウェンドー、ハリウッド、マクレランビル、ハーレービル、ジェドバーグなどの町。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *