トラック燃料セーバー – トラックの燃料として水を使用する驚くべき秘密

世界中のほとんどの自動車所有者が直面している主な問題は、燃料費の上昇です。 この影響は、トラックの所有者にとってより不利です。 これは、エンジン容量が大きいため、ガソリンの消費量が多いためです。 多くのトラック所有者が、車両の燃料使用量を削減する方法を模索していることは驚くべきことではありません。 燃料費を削減するための 1 つの提案は、トラックの燃料節約として水を使用することです。 テクノロジーはどのように機能しますか? この記事では、トラックの燃料節約として水を使用する驚くべき秘密を探ります。

トラックは内燃機関を発電所として使用しています。 安全な燃料のためにエンジンに純水を入れません。 それは、一日の終わりに多額の修理費を請求するだけです。 トラックの燃料節約として水を使用するために、水素ガス (H2) を補助燃料として使用します。 H2 は、急速でクリーンな燃焼特性を持つため、代替燃料として最適です。 プロセスに必要な水素ガスは、電気分解によって水から簡単に生成できます。 これは、水が水素分子2個と酸素原子1個からできているため、H2Oと名付けられました。 電気分解が有効になると、水素ガスが生成され、貯蔵されます。 アイデアは、格納された H2 をエンジンの吸気システムに排出することです。

トラックを運転しているとき、エンジンは空気と水素ガスを燃焼室に取り込みます。 チャンバー内でガソリン蒸気とH2を混合することにより、混合物はより大きな爆発を生み出すことができます。 これは、水素ガスが化石燃料の 3 倍強力であるためです。 その結果、エンジンからの出力がはるかに大きくなります。 理論的には、トラックが同じ量の燃料を消費し、より大きなエンジン出力を得ている場合、より長い距離を走行できるため、走行距離が長くなります。 車両の走行距離が長くなることは、トラックの所有者にとってコスト削減につながります。

トラックの代替燃料として水を使用する科学は複雑ではありません。 手を汚しても構わない場合は、実際に変換プロセスを自分で行うことができます。 変更に必要なコンポーネントのほとんどは、ハードウェア ストアから入手できる一般的な商品です。 変換プロセスに役立つステップバイステップの説明ガイドを入手する必要があります。 高品質のガイドのほとんどは Web から購入できます。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *