トラックガソリン節約装置 – トラックを水上走行に変えて燃料費を節約する秘密

トラックの所有者が自分の車を気に入る理由はたくさんあります。 主なものは、重い荷物を運ぶための汎用性であり、同時にファミリーセダンの快適さを備えています。 しかし、最近のガソリン価格の高騰により、トラックの所有者が車両に燃料を供給し、バランスの取れた毎月の家計を維持することが難しくなっています。 世界中のドライバーは、燃料費を削減するための解決策を切望しています。 トラックの燃料消費量を削減するアイデアはありますか。 1つの方法は、トラックのガソリン節約装置を取り付けることです。 システムはどのように機能しますか? この記事では、燃料費を節約するためにトラックを水上走行に改造する秘訣を明らかにします。

トラックの燃料節約装置を使用する一般的な概念は、補助電源として水素ガス (H2) を使用することです。 この装置が行うことは、トラックのエンジンを水素ハイブリッドに変換することです。 エンジンに必要な水素は、電気分解プロセスによって水から生成できます。 水は水素 2 部と酸素 1 部からできているため、抽出プロセスが可能であるため、H2O と名付けられました。 バッテリーから電気を取り出すと、水に浸された電気コイルに電流が流れると水素ガスの泡が発生します。 次のステップは、H2 をエンジンの吸気システムに排出することです。

トラックのエンジンが作動すると、新鮮な空気と水素ガスが燃焼室に引き込まれます。 水素ハイブリッドエンジンは、ガソリンと水素を同時に燃焼させます。 ガス混合物から生じる爆発は、水素ガスの効力が高いため、はるかに大きくなります。 最終結果は、エンジンからのより高い馬力です。 理論的には、トラックがより高いエンジン出力で同じ量のガソリンを消費している場合、トラックはより遠くまで移動できる可能性があり、その結果、走行距離が増加します。 走行距離が長いほど、トラック所有者のコスト削減につながります。 変換キットからの唯一の副産物は排気管に放出される水蒸気であるため、このシステムは環境にも優しいです。

トラックを水上走行に改造するのは簡単な手順です。 プロジェクトを自分でやりたくない場合は、車のメンテナンスのスキルを持つ人に手伝ってもらうことをお勧めします。 変換に必要な主要コンポーネントのほとんどは、ハードウェア ストアからすぐに入手できます。 重要な項目は、ステップ バイ ステップの変換ガイドです。 Web から選択できる多くのガイドがあります。 ガソリン代はトラックにとって最大の出費です。 燃料消費を削減できるアイデアは、かなりの金額を節約します。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *