ディガー デリック トラックが特別な理由

利用可能なすべての種類の産業機器の中で、掘削デリックは非常に多くの異なるタスクを処理できる真の多目的ツールです。 より少ない人員で重労働をこなせる機械が欲しいというニーズの高まりから生まれたこのトラックは、現場で最高の作業効率を実現するために長年にわたって開発されてきました。

2 台または 3 台の別々の車両が単独で行う必要があるのと同じ作業を簡単に行うことができる掘削デリックは、より速く、より使いやすく、必要な作業員の数が 3 分の 1 で済むため、作業にかかる時間だけでなく削減できます。仕事だけでなく、最終的に消費者に渡されるそのような労働のコストにも影響します。 用途が広く強力なこれらのトラックは、あらゆる作業車両のパフォーマンス スターであり、どの企業にも欠かすことのできない機器です。

複数の用途

最初の掘削デリックは、1940 年代に、電柱を地面に配置するために、ある作業現場から別の作業現場にオーガー ドリルを運ぶ手段として作成されました。 それ以来、これらのユニットを絶えず改善してきた継続的な技術のおかげで、今日の掘削デリックは通常、穴の掘削、電柱の取り扱いと設定から、オペレーターをバケツに立てて電柱を接続することまで、電柱のセットアップ全体を実行できます。これらはすべて、ほんの数時間で完了できます。

幸いなことに、掘削機はユーティリティ作業に役立つだけではありません。 これは、造園、一般建設、フェンス建設、ポール建設、および他の多くの用途を含む、他の多くの産業で使用できる非常に貴重な機械です。 特別な追加機器がなくても、典型的な車両は、掘削や掘削、ブームでのバケットやバスケットの持ち上げが必要なあらゆる作業に適しています。 掘削デリックのような商用トラックが必要とされるさまざまな仕事があり、市場で最も広く使用されている重機の 1 つになっています。

専用アタッチメント

これらの車両が実行できる通常のタスクに加えて、さまざまなアタッチメントを装備すると、特殊なジョブに非常に役立ちます。 バケットやオーガーを取り外すことで、掘削バケット、ハンマー、フォークリフトなどの特殊アタッチメント、スクリーニングバケット、グラップル、除雪機、さまざまなサイズの掘削アタッチメントなど、この装置にさらに機能を追加することができます。これらの車両で利用できる多数の追加アタッチメントと同様に。

初期費用

初期費用は、1 台または 2 台の個別の車両を購入するよりも少し高くなります。 ただし、典型的な掘削デリックが提供する汎用性により、1 つのタスクのみを実行するように設計されたトラックに単純に限定されるよりも、アタッチメントの追加が容易になり、費用対効果が高くなります。 さらに、これらのトラックのほとんどには強力なウインチも装備されているため、ポールやポストを引っ張ったり、重い物体を持ち上げたりする作業が非常に簡単になります。

非常に多くの異なるジョブを 1 台の車両に組み込むことができる場合、コストが削減されるだけでなく、効率と利益が向上し、安全マージンも増加することがよくあります。 オペレーターは、これらの車両をあらゆる状況で正しく使用するために特別な訓練を受ける必要がありますが、適切なスキルを取得する必要があるのは 1 台の機械であり、点検および保守する必要があるのは 1 台の車両だけです。 掘削デリックを使用すると、修理、メンテナンス、および労力がすべて大幅に削減されます。 したがって、初期コストが高くても、トラックは時間の経過とともに確実にその能力を証明し、支払ったコストに見合った最良の購入となり、優れた効率と信頼性を提供します. あらゆる種類の建設、公益事業、または造園作業を行う労働者は、掘削デリック トラックが使用されていない場合、あまりにも長時間働きすぎています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *