ダンプトラックの荷物を空にするための12の重要なステップ!

ダンプトラックは、元のサイトから目的のサイトに貨物を積み降ろすために使用される商用車です。 これらの車両は、砂、砂利、その他多くの種類の建設資材の輸送に一般的に使用されています。 荷物を適切に空にするには、人や物への危害を防ぐために、特定のスキルと荷降ろしプロセスに関する明確な知識が必要です。

これらの車両のオペレーターは、作業現場での潜在的な危険を防止するために免許を取得し、十分な訓練を受けている必要があります。また、車両を運転する前に、オペレーターの安全マニュアルをよく読み、それに従う必要があります。

以下は、ダンプ トラックから荷降ろしする際に従うべき 12 の簡単な手順であり、ダンプ手順で常に安全を最優先します。

1. バッキング手順を開始する前に、投棄エリアに潜在的な危険がないか確認してください。 労働災害を防ぐために、掲示および印刷された職場の安全基準をすべて遵守する必要があります。 これは、不必要な賠償請求や労災請求をなくすことで、保険料を下げるリスク防止の一環です。 1 オンスの予防は 1 ポンドの治療に値するのは事実です。

2. 予見可能な事故や怪我を防ぐために、スポッターにバックアップを手伝ってもらいます。 スポッターが利用できない場合は、オレンジ色または緑色のセーフティ コーンを使用してトレーラーの後部コーナーに配置し、通行人に何か危険なことが発生していることを警告します。

3. もう一度確認して、トラックの後部から 20 ~ 30 フィート以内に誰もいないことを確認してから、キャブに戻ります。

4. バックする前にサイドミラーをチェックして、後ろのエリアがクリアであることを確認してください。 ハザードランプを点灯。

5. クラッチを踏んでギア シフトをリバース モードにし、アクセル ペダルを踏んだままクラッチ ペダルをゆっくりと離します。

6. 材料が荷降ろしされるときは、トラックをゆっくりと後退させて、投棄場所の端にできるだけ近づけます。

7。 バックしながら現場を確認し、車両後部の半径 20 ~ 30 フィート以内に傍観者がいないことをプロセス全体で確認します。

8. 正しい位置に着いたら、ギアをパーキング位置にシフトし、パーキング ブレーキをかけてエンジンを停止します。

9. 荷台の後部に行き、テールゲートのフックを外すか、ロックを解除します。 パワー テイクオフ (PTO) を作動させてトラックの荷台を上げ、ブレーキ ペダルを下向きに押します。

10. 内容物が地面に沈み始めたら、クラクションを鳴らして大きな音を出します。 これは、材料の排出が始まったことを傍観者や職員に警告するためのものです。 多くの事故は、荷降ろし中にトラックの荷台から飛び散る破片が傍観者の不注意に当たる可能性があるため、荷降ろしプロセス中に発生します。

11. クラッチ ペダルを踏んで 1 速にシフトすると、車両はゆっくりと前進し、ベッドから材料を完全に排出します。 アクセルを踏み込んでからブレーキ ペダルを踏んでトラックをより速い速度で動かそうとしないでください。突然停止すると、トレーラーや後部ドアが損傷する可能性があります。

12. 材料が完全に降ろされたら、パワーテイクオフ (PTO) を解除してダンプベッドを下げます。 ベッドがトラック フレームに完全に下がったら、後部に移動し、テールゲート ラッチ レバーをロックして後部ドアを固定します。 これで、採石場に戻ってより多くの材料を入手できます。

ダンプトラックの運転には、教育、訓練、および適切な警戒が必要です。 予防可能な職場の危険を制御および排除するために、職場の安全を真剣に維持する必要があります。 罰金や処罰を防ぐために、怪我のない職場環境を維持することは非常に重要です。 損害賠償の請求や運転免許の取り消しは、過失による一般的な結果です。 上記のすべての手順に従うことで、ダンピング体験が満足のいくものになることが保証されます!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *